レビュー
» 2008年05月08日 13時18分 UPDATE

5分で読むビジネス書:ギャンブルの“科学的な”必勝法――『図解 ツキの法則』

ギャンブルも投資も、ツキに関する思いこみから誤った行動をしてしまうことがしばしば。ギャンブルで勝つための方法(負けるための方法)を探りながら、確率論を身近にできる一冊。

[斎藤健二,ITmedia]
表紙

谷岡 一郎 『図解 ツキの法則』(PHP研究所刊)

 実際、「オレのやり方でプラスだ」と主張する人の多くは、回数が少なく、10回かせいぜい20〜30回の経験で主張しています。

 統計学上、試行回数が充分に大きいとき(これを「大数」といい、たとえば1000回)、その人の収支はかなり正確に予想できます。(中略)


2

 ギャンブルに必勝法がある。しかも統計学的に。そんなふうに言ったら、理性的な人ならば「また変なエセ科学にだまされて……」と感じるだろう。本書を読むまでの筆者もそうだった。

 『「ギャンブルのカラクリ」を確率・統計理論で説き明かす!』という副題のとおり、どうしたらギャンブルで勝てるのかを、確率論を用いながら解説してくれるのが本書だ(著者は大学教授。ただし専門は犯罪社会学)。

 著者は、ギャンブルで勝つためにはどうしたらいいかを、“確実に負ける賭け方”を例に取り説明していく。例えば、確率統計で言う「大数の法則」によると、ギャンブルの結果はだんだん期待値に近づいていく。期待値が−20%ならば、ギャンブルをすればするほど結果は−20%に近づく。つまり1万円賭けたら8000円になって戻ってくるということだ。

 ご存じのとおりギャンブルの期待値は常にマイナスだ。宝くじしかり、競馬しかり、パチンコしかり。つまり大数の法則に従う限り、“確実に負ける”というわけである。では、どんな行動が特に負けにつながるのか。いくつか抜粋して挙げてみよう。

  • 賭けの回数を増やす――長時間プレイする、一度に何点も賭ける
  • 同じ金額を賭ける――一定額でプレイ
  • 本命狙いに徹する
  • スピードの速いゲームに賭ける
  • 実力の必要なゲームに参加する
  • 期待値の低い賭けに賭ける

 例えば賭けの回数を増やすほど大数の法則が働く。つまり期待値に近づく可能性が高まるわけで、期待値がマイナスであるギャンブルでは“負けやすい”ことになる。この期待値に近づく可能性が高まることを、分布が期待値の周辺に集まってくると説明している(分散が小さくなるという)。「同じ金額を賭ける」と、分布は期待値周辺(つまりマイナス)に集まりやすくなる。そのため、こちらも負けやすいわけだ。

 そして著者は、ギャンブルで勝つためには、

  • 分散をできるだけ大きくする
  • なるべく回数を減らす

 ことが重要だと指摘する。そのためには、大穴を狙い続け、掛け金もバラバラにし、回数を減らすのがいい。

 これを言い換えれば、期待値がマイナスのギャンブルであっても、たった1回(回数を減らす)の大穴バクチ(分散を大きくする)であれば、プラスで終わる可能性が大きくなるということになる。

ks_book31a.jpg 期待値が同じ分布(正規分布)のグラフ。回数が少ないうちは青線で0以上になる結果の割合も大きいが、回数を増やすと大数の法則に従って分散が小さくなり、赤線のような分布になる。つまり、負ける可能性が高くなる

ギャンブルの楽しさとは?

 もちろん、どうやって勝つか? だけがギャンブルの楽しみではない。本書でも、負けることを前提としながら、ドキドキ感、攻略感などギャンブルの楽しさを取り上げている。

 いくら勝つ可能性が高まるからといって、回数を減らしてしまってはギャンブル自体の楽しさも得られない。著者は、

  1. (統計上の揺らぎに恵まれるなら)所持金を2倍に増やしたい
  2. 長くギャンブルをプレイしたい
  3. 大金を賭けて負けても、次は少額の賭けで楽しめる

 という3つの命題をクリアする方法も提案している。

ギャンブルを投資に置き換えると?

BOOK DATA
タイトル: 図解 ツキの法則
著者: 谷岡一郎
出版元: PHP研究所
価格: 1000円
読書環境: △書斎でじっくり
◎カフェでまったり
×通勤でさらっと
こんな人にお勧め: ギャンブルを例に、投資などの確率・統計を楽しく知りたい人

 実はこれらの解説は、そのまま投資にも当てはまる。期待値がマイナスなのがギャンブルなら、期待値がプラスなのが投資だからだ。期待値がプラスの場合は、できるだけ分散を小さくすることが成功のコツとなる。つまり、

  • なるべく回数を増やし
  • 一定額を賭け続け
  • 本命狙いに徹し
  • 期待値の高い賭けに賭ける
  • 分散が小さい賭けに賭ける

 わけだ。

 もちろん、投資では分散が大きな商品のほうが期待値が高くなっており、分散が小さい(例えば債券投資)ことを取るか、期待値が高い(例えば株式投資)ほうを取るかを選ぶことになる。

ks_book31b.jpg 赤線は分散が小さいが期待値が0.5の分布例。青線は分散は大きいが期待値が1の分布例。投資するならどちらがいい?

 さて、最後にギャンブルの数字にまつわる思いこみを、本書から1つ紹介しよう。90%の確率で起こる出来事が10回連続して起きる確率はどのくらいだろう? では99%の確率で起こる出来事が10回連続で起きる確率は?

 答えは下記の囲み内に白文字で記載してみた。「90%の確率でうまくいきます!」と言われると、いつも成功するように感じるものだが、10回連続して成功する確率はこのくらいだ。こうした数字に関する思いこみも、本書を読んでいくことで自然と正されるだろう。

90%の確率で起こる出来事が10回連続して起きる確率 =約35%

99%の確率で起こる出来事が10回連続で起きる確率 =約90%


関連キーワード

投資 | グラフ | 出版 | 通勤時間


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集