ニュース
» 2008年04月22日 16時53分 UPDATE

前月利用額に応じて割引――関西スーパー、VISA TOUCH搭載の会員証を採用

[Business Media 誠]

 関西スーパーマーケットと三菱UFJニコスは4月8日、関西スーパーマーケット全店での「VISA TOUCH」(参照記事)の取扱いと、「クレジット」「VISA TOUCH」「会員割引」の一体型多機能ICカード「Kansai Super Card」の発行に関して合意したことを発表した。

 関西スーパーマーケットは、兵庫、大阪を地盤に52店を展開しているチェーンストア。8月から順次取扱いを開始する予定だ。

前月の利用額に応じて割引に

 Kansai Super Cardは、磁気ストライプと接触・非接触の両ICチップを搭載するハイブリッド型カードで、UFJ VISAカードとの共通カード方式。

 通常のクレジットカード決済や、カードをかざして支払いができるVISA TOUCHの機能のほか、同店の会員証としての役割を持っているのがポイント。カード利用額に応じて「スマイルポイント」をためられるほか、同店での月間利用額に応じて利用額の会員割引(最大2.5%)が行われる。

当月の利用額 翌月の割引率
1万〜2万円未満 0.5%
2万〜3万円未満 1.0%
3万〜4万円未満 1.5%
4万〜5万円未満 2.0%
5万円以上 2.5%

 年会費は初年度無料、次年度以降1312円。ただし年間5万円以上のカード利用で次年度も無料となる。

 なお、FeliCa決済機能を導入し、前月の利用額に応じた割引を行っているスーパーとしては、仙台「アサノ」(参照記事)などの例がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集