調査リポート
» 2008年04月18日 18時29分 UPDATE

大卒の初任給はいくら? 3社に1社が引き上げ

4月に入社した新入社員の初任給はいくらぐらいだろうか? 売り手市場の状況下で優秀な人材を確保するため、初任給を引き上げる企業が増えてきているようだ。労務行政研究所調べ。

[Business Media 誠]
yd_hatu.jpg 初任給据え置き率の推移(出展:労務行政研究所)

 新卒採用の競争が過熱している中、4月に入社した新入社員の初任給(時間外手当を除き、諸手当込みの所定内賃金)はいくらぐらいだろうか? 労務行政研究所の調査によると、東証1部上場企業の平均は大学卒で20万4333円(前年度比0.7%増の1500円)、短大卒で17万2907円(同0.6%増の981円)と、それぞれ上昇していることが分かった。

 平均初任給が上昇している理由として、「企業業績の回復や団塊世代の大量退職などを背景に、企業の新卒採用は高まっている。初任給が上昇傾向にあるのは、このような労働の需給関係の影響を受けているから」(労務行政研究所)としている。

初任給を引き上げた企業は3社に1社

 2008年度に初任給を据え置いた企業は66.8%、一方で引き上げた企業は32.7%で約3社に1社となった。初任給の引上げ額は大卒で「2000円〜2500円」が最も多く16.0%、短大卒は「1500円〜2000円」で10.8%。一方で初任給を引き下げた企業は、大卒と短大卒の場合でともに0.6%だった。

 郵送と電話取材による調査で、東証1部上場企業と生命保険、新聞、出版などの大手企業を加えた214社が回答した。調査期間は3月下旬から4月7日まで。

yd_hatu1.jpg 2008年度学歴別初任給の上昇額(出展:労務行政研究所)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集