コラム
» 2008年03月14日 17時36分 UPDATE

さよなら「銀河」――減りゆく寝台列車のライバルとは (1/2)

東京〜大阪間を走る寝台急行列車「銀河」が、今日、3月14日のラストランで姿を消す。昭和の時代、ビジネスマンの出張を支えてきたブルートレインはなぜ廃止されているのか? 実際にブルートレインに乗って、出張に行ってみた。【3月14日東京駅の写真を追加】

[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 東京〜大阪間をつないできたJRの寝台急行列車(ブルートレイン)「銀河」が、3月15日のダイヤ改正で廃止される。

ay_blue01.jpg 寝台列車急行銀河

 今回なくなる寝台列車は銀河だけでなく、寝台特急「なは」(京都〜熊本)、「あかつき」(京都〜長崎)も3月14日をもって姿を消すことになる。このほか、寝台特急「北斗星」(上野〜札幌)、「日本海」も、廃止ではないが1往復ずつ減っている。

 今日、3月14日は「銀河」のラストラン。3月になってからは廃止を惜しむファンでにぎわっているが、もちろん廃止の理由は乗客数が減ったためだ。寝台列車の利用者が減った理由は――JR西日本に話を聞いた。

 →2008年3月14日の東京駅10番ホーム:写真で見る、寝台急行「銀河」最後の日

20年で乗車率8割→4割へ

 銀河は東京駅を23時に出発し、大阪に翌朝7時18分に到着する。東京から新大阪まで行く最終の新幹線は21時20分東京発ののぞみ。大阪まで行きたいが最終の新幹線に乗りそびれてしまったビジネスパーソンにとって、寝台急行銀河はありがたい選択肢だったわけだ。「JRが発足した1987年当時、銀河の乗車率は8割程度でした。しかし去年(2007年)廃止が決まったときには、4割程度まで落ち込んでいました」(JR西日本広報部)

 JR西日本では、銀河を廃止した理由について「新幹線や航空機が整備されたこと、また安く泊まれる宿泊設備が増えたことにより、宿泊設備を持つ列車の競争力が下がったから」と説明している。

ブルートレインB寝台を初体験

ay_blue02.jpg 「富士」「はやぶさ」は東京を出るときは連結されており、門司で切り離される

 実は記者、1月に博多へ出張に行ったときに「はやぶさ」に初めて乗ってみた。「出張にブルートレインで行く」と言うと、周りの反応は「なんて物好きな」と「いいなー」の2パターンしかなかった。もちろん後者は鉄道マニアである。

 寝台列車に乗ったことがなかった記者は、「ブルートレインに乗るって、そんなに物好きなの?」と思っていたのだが、乗って納得。確かにこれを出張に使うのはかなりの“物好き”かもしれない……。

 取れたきっぷはB寝台。記者が乗ったのは平日で、1両に7人しか乗客がいなかった。B寝台の場合は2段ベッドが向かい合い、4人ずつのブロックになっているのだが、記者がいたところは女性1人客×3人。このほか男性客2人のブロック、夫婦らしき2人のブロックに分けられていた。特に聞かれなかったが、1人客の場合は、性別によって席をまとめているようだ。

 使えるスペースはベッド1つ分。上下2段のベッドにカーテンが閉まるようになっていて、プライバシーを守れる。ハンガー、浴衣、スリッパが用意されており、学生時代に泊まったユースホステルを思い出した。

ay_blue03.jpg B寝台の車内はこんな感じ

 困ったのは、車内販売もシャワーもないことだ。はやぶさは東京駅の10番ホームから出発するのだが、ホームでは「車内販売はありません。お弁当、飲み物などはあらかじめお買い求めください」というアナウンスが響いていた。はやぶさの場合、翌朝7時ごろ、山口駅で車内販売用の荷物を積み込み、朝になるとワゴンが車内を回り出す。お弁当や飲み物を買いそびれて乗り込むと、朝まで飲まず食わずで過ごすこと確定なのだ。

 富士・はやぶさ・銀河は、東海道線(在来線)の線路を走る。多くの人でごった返す品川駅や横浜駅ホームを車窓から眺めるのはなんとも不思議な感じがした。不思議といえば、新幹線や飛行機の速さに慣れてしまった今、大阪まで約8時間もかかるというのもある意味不思議な感覚だった。古い車両は、加速・減速するたびにギシギシと派手な音を立て、揺れや衝撃が寝台に横たわっていても伝わってくる。

 確かに今は、ブルートレイン以外にもさまざまな選択肢がある。東京〜大阪をいくらで移動できるか考えると、銀河のB寝台が1万6070円、同じ深夜発の高速バス「ドリーム号」が8610円。飛行機路線も羽田〜大阪間は力を入れており、当日予約でも高くて2万2700円、安い時間を選べば1万5000円で乗れる。数日前に予約を入れれば1万1000円と、銀河よりも5000円も安くなるのだ。

 深夜バスはともかく、飛行機よりも高い上に時間がかかるとなれば、積極的にブルートレインに乗ろうという客が減っていくのはやむを得まい。JRとしても、長距離の収益は新幹線などで得る方針で、寝台列車をどうにかしようという意志はないように見える。

 今回の銀河の廃止により、残る寝台特急は「富士」「はやぶさ」「北陸」「日本海」「トワイライトエクスプレス」「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」「カシオペア」「北斗星」のみとなる。廃止される前に、飛行機でも高速バスでも味わえない旅情を、ブルートレインで味わってみてはいかがだろうか?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集