調査リポート
» 2008年03月13日 17時10分 UPDATE

世界で3番目に無線LANが使われている都市は東京

公衆無線LANの利用が増えている。都市ごとの利用比較で見ると、ロンドン、シンガポールに次いで、東京は3位。日本でもモバイルワーカーの数が急速に増えているようだ。

[土肥義則,Business Media 誠]

 空港やホテルなどで公衆無線LANが設置されるケースが増えているが、実際にはどれぐらいの人が利用しているのだろうか? 都市ごとの利用比較で見ると、東京はニューヨークを抜き、ロンドン、シンガポールに次いで3位であることが、アイパス・インクの調べ(参照記事)で分かった。「この日本での成長は、日本のモバイルワーカーの数が世界で最も急速に拡大していることを裏付けている」(アイパス・インク)としている。

 世界的に見ても公衆無線LANの利用は順調で、2007年度後期の利用は前年同期比で89%増となった。中でも欧州での利用は急成長を遂げていて、世界全体の31%から40%にシェアが拡大。世界で最も公衆無線LANが利用されているロンドンでは、前年同期比156%増となり、さらにリードを広げた格好だ。

公衆無線LANを頻繁に使っているのは空港

 ビジネスユーザーは出張先で公衆無線LANを利用する人が多いが、どんな場所で使っているのだろうか? 最も頻繁に利用されているのは空港で45%、次いでホテルが29%という結果となった。また鉄道の駅やフェリーなどの利用場所も増えていて、駅や電車内での利用は前年同期比217%と大きく伸ばした。「この急激な成長には、電車通勤が必須となっているロンドンと東京が貢献している」(アイパス・インク)

順位 日本で公衆無線LAN利用の多い場所
1. 成田空港
2. 羽田空港、国内線ターミナル
3. 品川インターシティ
4. JR東京駅、東海道新幹線
5. マクドナルド武蔵中原店(川崎)
6. JR品川駅、東海道新幹線
7. JR仙台駅、2階びゅうプラザ
8. 広島空港
9. 大阪国際空港
10. JR名古屋駅、東海道新幹線

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集