ニュース
» 2008年03月03日 14時05分 UPDATE

餃子事件でニュースサイトのビジター増、1月の日本のWeb利用

大阪市長選や大相撲、餃子事件でニュースサイトのビジターが増え、教育やキャリアなど、「新年の計画」に関連するサイトもビジターが増えた。

[ITmedia]

 米comScoreは2月29日、2008年1月の日本のWebサイトビジター数ランキングを発表した。新年を迎え、教育、キャリア、自動車、不動産関連サイトのビジターが増加し、ニュースサイトもトラフィックが増えたという。

 同月に教育関連サイトはユニークビジター数が47%増加した。不動産関連サイトは45%、ビジネス・ファイナンス関連は31%、自動車関連は30%、キャリア関連は29%増えた。comScoreはこのトレンドについて、年明けは、特に4月の新学期や新会計年度に向けて今後の計画を立て始める時期であるためとしている。

 同月に最もユニークビジターが増えたのはニュースサイトのJ-CAST.comだった。そのほかスポニチ、時事通信などのニュースサイトも大きく伸びた。大阪市長選や大相撲、中国産餃子の中毒事件などが話題になったためという。

2008年1月にユニークビジター(UV)を伸ばしたサイト(対前月比)
サイト 2007年12月UV(千人) 2008年1月UV(千人) 伸び率(%)
J-CAST.COM 1,470 2,678 82
SPONICHI.CO.JP 2,340 3,870 65
JIJI.COM 2,741 3,497 28
FRESHEYE.COM 3,068 3,810 24
YOMIURI.CO.JP 4,561 5,490 20
みずほファイナンシャルグループ 2,496 2,987 20
TV-ASAHI.CO.JP 2,499 2,937 18
NIKKEI.CO.JP 2,777 3,219 16
AMEBLO.JP 12,645 14,072 11
GYAO.JP 5,790 6,408 11
(資料:comScore World Metrix。15歳以上のユーザーによる家庭・職場からの利用が対象)

 1月のユニークビジターランキングでは、前月に続いてYahoo!が首位に立った。2位はGoogleで、3位にはMicrosoftを抜いた楽天がランクインした。Microsoftは3位から4位に後退した。

1月のユニークビジターランキング
1月順位 12月順位 サイト UV(千人)
1 1 Yahoo! 42,964
2 2 Google 32,966
3 4 楽天 29,921
4 3 Microsoft 29,371
5 5 NTTグループ 27,076
6 6 FC2 27,035
7 7 ニフティ 23,125
8 9 Wikipedia 22,260
9 8 ライブドア 22,109
10 10 GMO 20,028
11 11 Amazon 19,101
12 13 NEC 16,147
13 12 さくらインターネット 15,987
14 15 Apple 15,633
15 14 ソニーオンライン 15,609
16 16 エキサイトジャパン 14,588
17 17 AMEBLO.JP 14,072
18 はてな 13,080
19 KDDI 12,450
20 18 mixi 12,319
21 19 SEESAA.NET 12,007
22 22 TRACKWORD.NET 10,730
23 20 JWORD 10,678
24 21 IIJ4U 10,094
25 23 ニコニコ動画 9,939
(資料:comScore World Metrix。15歳以上のユーザーによる家庭・職場からの利用が対象)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集