調査リポート
» 2008年02月29日 12時36分 UPDATE

今年、本命チョコをもらった男性は何割?

今年のバレンタインデーに、義理チョコをもらった男性は7割。禁止する会社が増えても、義理文化は健在のようだ。一方で「バレンタインデーは盛り上がらなくなった」と感じる男性が増えている。C-NEWS調べ。

[Business Media 誠]

 2月14日のバレンタインデー、いかがだっただろうか? 義理チョコしかもらえなかった人や、「嫌いな人から本命チョコをもらってしまった!」なんて人もいるのでは。

 C-NEWS編集部の調査によれば、今年のバレンタインデーに本命チョコをもらった男性は39%だそうだ。内訳は、独身男性の27%、既婚男性の50%。この数字を高いと思うか低いと思うかは、あなたの“戦果”次第かもしれない。

 調査会社のC-NEWS編集部はバレンタインについて調査を実施した。インターネットを使った調査で、15歳(中学生除く)〜59歳の男性400人が回答。調査期間は2月19日から2月20日まで。

義理チョコをもらった人は7割

 最近では、自分のために買う“自分チョコ”を買ったり、友だちに“友チョコ”を贈るなどの購買パターンが、ちょっとしたブームとなるなど、バレンタイン事情は少しずつ変わってきているようだ(記事参照)。その一方で、上司や同僚などにチョコを贈る“儀礼”は廃そうと「義理チョコ禁止」とする会社も増えている。

 しかし今年のバレンタインデーで義理チョコをもらった人は7割に達するなど、依然として義理チョコ文化は健在なようだ。義理チョコをもらった個数は1個が23%、2個が19%、3〜5個が24%。また2〜3年前と比べ、バレンタインの盛り上がり度を聞くと、57%の人が“盛り上がっていない”と感じているようだ。

ay_valentine.gif 「2〜3年前のバレンタインデーに比べ盛り上がっているか?」という質問に対する男性の答え。ちなみに、あげる立場の女性は、盛り上がっていると思っているのだろうか?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集