レビュー
» 2008年02月18日 12時00分 UPDATE

パソコン好きが青色申告を体験してみると?:第4回 最も重要な伝票入力を比較してみた (1/6)

筆者のようなフリーランスでも、年間の伝票枚数は1000枚近い。青色申告ソフトを使う上で“伝票入力”が簡単かどうかは非常に重要な点だ。その点について、「やよいの青色申告」「みんなの青色申告」「やるぞ!青色申告2008」のそれぞれを見ていこう。

[奥川浩彦,ITmedia]

 税金のキソ節税、そして節税のための青色申告ソフトのインストールとやってきた。今回は実際にソフトに入力してみて、使い勝手を見ていく。

 実際に青色申告ソフトへの入力を始める前に、簿記の基礎の基をサラっと説明しよう。筆者自身も1年前は「なんじゃそりゃ」と思ったが、一度確定申告を済ませるとおぼろげに理解できるものだ。

ざっくり思い出す、簿記のキソ

  最も重要な伝票入力を比較してみた
第1回 まずは税金ってナニ?
第2回 儲けたら節税
第3回 青色申告ソフトを実際に使ってみた
第4回──2 次なる難関、勘定科目
第4回──3 伝票入力──やよいの青色申告08
第4回──4 伝票入力──みんなの青色申告9
第4回──5 伝票入力──やるぞ!青色申告2008
第4回──6 読者プレゼント

 最初に意味不明なのは借方、貸方ではなかろうか。帳簿では必ず左側に借方、右側に貸方と表記される。そこに前回の初期設定でチラッと説明した勘定科目の旅費交通費、現金などを記載していく。

 最初はリアルなものが比較的理解しやすい。例えば3000円の現金でマウスを買った場合、

  • 右手に3000円を握りしめてレジに行き、
  • 包装してもらったマウスを左手で受け取った

 としよう。これを帳簿上に記載すると、

  • 右側の貸方(貸す方=出す方)が現金(3000円)
  • 左側の借方(借りる方=もらう方)が消耗品(マウス)

 となる。

借方貸方
消耗品現金

 もちろん、支払った3000円は貸しているわけでもなく、買ったマウスはレンタル品でもない。「借方、貸方って表現は変だろう」と筆者も思ったが、そのあたりは気にしないことだ。

 無形なものになると徐々に分かりにくくなるが、考え方は同じだ。売上の場合は、まず10万円の請求書を相手に右手で渡すと、貸方に売上(10万円)、支払いが翌月の場合は、請求段階に左手で受け取るのは売掛金となる。ようするに「来月10万円払いますね」という約束を受け取ることになる。

借方貸方
売掛金売上

 翌月入金された場合は、右手で相手に渡すのは「先月10万円払うって約束したよね」という売掛金、10万円振り込まれたら左手で受け取るのは普通預金(10万円)となる。

借方貸方
普通預金売掛金

 このようにお金に関するすべての動きを借方、貸方で整理していくわけだ。お小遣い帳と比べるとかなり複雑となる。なぜそうするかはいまだに筆者には分からないが、専門家はこの方が分かりやすいのだろう。

消費税8%時代の確定申告
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集