連載
» 2008年01月31日 18時18分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング: 無線LANフォトフレームで“アルバム・ビッグバン”の時代へ

写真がデジタル化して、人類が“解放”されたことが3つある。1つはアルバムの整理。2つ目は撮影枚数の制限。そして3つ目は“秘め事”だ。

[郷好文,Business Media 誠]

 デジタルカメラをお持ちの皆さん。撮影した“たーっくさん”の写真はどうしていますか? ブログにアップする、SNSで紹介する、PCやネットのフォトアルバムに保存する、CD-ROMに焼いておく、デジタル写真集を作る……。楽しみ方がいろいろなのが、デジタルフォトライフのいいところ。

 三流写真家の私に「アルバムを変える!」と確信させたのが、ベルギーのAgfaが発表した「AgfaPhoto AF5080W」というフォトフレーム。写真フィルムがデジタル化されて変わったことはたくさんあるが、その1つに「写した写真をどう見るか?」という閲覧スタイルの変化がある。

ay_agfa01.jpg AgfaPhoto AF5080W

フォトフレームの進化は無線LANから始まる

 「フォトフレーム」とは、デジカメで撮った写真を液晶画面で見るデバイスだ。画面サイズによって、数千円〜3万円ぐらいまで価格もいろいろ。2008年1月に発表されたAF5080Wの最大のポイントは、従来のフォトフレームにはなかった“無線LANでネットに接続できること”にある。携帯やPCにBluetoothで接続する商品はあったが、本体だけでネット接続できる機能を内蔵したのはこれが初となる。AF5080Wのスペックは次の通りだ。

スペック AF5080W
プロセッサ Freescale i.MX31
OS Linux
メモリ 内蔵128MB。メモリカードリーダーは5in1タイプで16GB以下のSDカードまで対応
ディスプレイ 8インチ、800x600ピクセル(SVGA)
再生できる静止画 JPEG, GIF, PNG, WMF
再生できる音声ファイル MP3, WMA(スピーカーを内蔵)
再生できる動画ファイル H.264 AVI, MJPEG, MPEG-4
接続方式 無線LAN, USB
その他機能 スライドショー、時計、カレンダー、アラーム、リモコン

 ハードウェア的にはFreescaleのi.MXマルチメディアプロセッサが気になるが、“うふふ”的ポイントはネット接続(無線LAN)である。さて、それで何が変わるのだろうか?

※編集部注……記事掲載時に、無線LAN接続のフォトフレームが初であるとしましたが、他社からも発売されています。お詫びして訂正させていただきます。

ネット接続できると、アルバムの何が変わる?

 フォトフレームがネット接続することで可能になることとは――まず、FlickrやPicasaといった、ネット上のアルバムサービスPCなしで接続できるのは大きなメリットだ。遠く離れた人からの写真も、ダウンロードして手元で見られる。

 ここに、単身赴任のパパがいるとしよう。深夜、暗くて寒い部屋に帰ると、卓上のフォトフレームが光を放ち、子どもの写真がスライドモードでめくられている。自宅を守る奧さんが新しい写真をアップしたのだ。「おぉ、かけっこ一等賞だったんだな!」。部屋にほっと温かみが差してくる。ちなみに、つけっ放しでも電気代は1日数円程度。

 海外赴任者も出稼ぎ者も、子どもの成長を卓上でチェックできるのである。インド洋での給油を再開した自衛隊員にもぴったり(洋上でネット接続できるのなら)。長期入院中の患者さんや、かわいい孫と離れて暮らすお年寄りにも喜ばれること請け合いだ。

 商用フォトの配信サービスといったビジネスも可能になる。例えば、女優にしてカメラウーマン、宮崎あおいさんが毎月写真を投稿する「あおいのフォトログ」(オリンパス提供)。彼女は毎月4〜5枚の投稿をしているが、大河ドラマが始まっても投稿が途切れないのは、カメラ好きゆえだろう。あおいさんのフォトをフォトフレームで自動受信すれば、カレンダーの背景写真が毎週変わる。もちろんあおいさん自身の写真を受信しても、ファンはうれしい。

ay_aoi.jpg 宮崎あおいさんの写真サイト「あおいのフォトログ」

デジタルフォトが人類を解放する?

 思えば写真のデジタル化は人類皆写真家の時代を作り、“3つの解放”をした。それは「アルバムの整理」「撮影枚数の制限」そして「秘め事」である。

 フィルム時代の写真の、何が面倒だったか。撮影する。写真屋に現像に出す。ネガとプリントを持ち帰る。ここまではいいとしても、アルバムのページの間にどかっと写真とネガをはさんでおしまい。アルバムは置き場所も取るし、ホコリまみれにもなる。写真整理は嫌なものだった。

ay_mybook.jpg 写真データを印刷・製本してくれるサービス「MyBook」

 デジタル時代になり、人類活動記録係や地球観測係が世界中に出現した。非常に低コストで、枚数は記録媒体が許す限り無制限。おかげで、人類の総撮影枚数は星の数の数百倍にも達した(のではないか)。同時に撮った写真の整理も楽になった。名称、タグ、日付を入れてHDDに放り込めばいい。紙のアルバムにしたい人には「MY BOOK」などのサービスもある。好きな写真を編集してネット経由で送信、印刷・製本してくれるというものだ。

 デジタル化はアルバム整理と枚数制限から記録係を解放した。さらに秘め事もどんどん解放している。

デジタル化で大っぴらになる“秘め事”

 昔、アルバムは“家族の秘め事”だった。

 「ちょっとちょっと、ウチの子どもを見てよ!」という“アルバム自慢”。正直いって、ちょっと苦痛だった。ヨソの家の漬け物は、その家独特の匂いがする。アルバムの写真にもその家族でしか分からない機微がある。長年寝かした写真ほどまた匂いがきつい。

 それがデジタル時代になり、家族の秘め事を大っぴらにしたい人が増えている。ミクシィなどSNSへ子どもの写真を投稿するのは普通になったし、フォト投稿サイトからは“ねこ鍋”(参照記事)のようなブームが起きる。冷静になってみれば、これも「ちょっとちょっと、ウチのネコ見てよ!」なのである。苦痛だったはずのことが一大ブームになる――秘め事写真は大きな商売になるのだと考えさせられた。

ay_neco.jpg “ネ・エコバッグ”の撮影を嫌がるネコ。嫌がりすぎて、ブレてしまった……

 そして、2人の“愛の秘め事”も増殖する。

 「一流企業勤務の社員、彼女とのウフフ写真流出!」というニュースは、いろんな意味でゾクッとするもの。秘め事は恥ずかしいし、騒動で愛も流れてしまっては本人たちにとって実にマズい。ファイル共有ソフトとウイルス感染が秘め事流出のモトとはいえ、もとをただせば秘め事を自前で、しかも大量に製造・保管できるようになったのが原因ともいえる。愛はフォトもべき乗で増殖させる。しかもいったん流出すると増殖が止まらない……。

 家族の秘め事は大っぴらにしたい。愛の秘め事はのぞき見したい。大っぴらにしたい人もしたくない人も、デジタル&ネット時代には秒速で閲覧・シェアができるようになった。

写真アルバムは音楽アルバムと同じ道をたどって……

 この先、写真アルバムはどのように変化していくのだろう? そのヒントは“音楽のアルバム”にある。

 新譜をダウンロードして購入する人が増えた。それもアルバム全体を1つの作品というまとまりで買わず「この曲とこの曲だけ」という“つまみ買い”がアリになってきた。アーチストにとっては受難だが、“たとえ数曲でも、売れないよりは売れた方がいい”という計算もある。

 楽曲のつまみ買いのように、写真のアルバムもひとつの形をとどめず、その場その場のニーズで融通無碍に編集され、見られ、配信され、掲示され、シェアされ、保存され、ニヤリとされ、時にはプリントされる。地球上でフォトが幾何学的に増殖し、ダイナミックにカタチを変える“アルバム・ビッグバン”の時代がきた。無線LANフォトフレームはその時代の申し子なのである。

go_book.jpg

著者プロフィール:郷 好文

 マーケティング・リサーチ、新規事業の企画・開発・運営、海外駐在を経て、1999年よりビジネスブレイン太田昭和のマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略、業務プロセス改革など多数のプロジェクトに参画。著書に「ナレッジ・ダイナミクス」(工業調査会)、「21世紀の医療経営」(薬事日報社)、「顧客視点の成長シナリオ」(ファーストプレス)など。現在、マーケティング・コンサルタントとしてコンサルティング本部に所属。中小企業診断士。ブログ→「マーケティング・ブレイン」


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -