調査リポート
» 2008年01月31日 13時55分 UPDATE

丼ものチェーン店、総合力1位は「吉野家」

手軽に食べることができる丼もの。丼ものチェーン店のイメージについてランキングを調査したところ、「おいしい」「はいりやすい」が決め手となった。日本ブランド戦略研究所調べ。

[Business Media 誠]

 手軽に安く食べられる丼ものは、忙しいビジネスパーソンの味方とも言えよう。

 丼ものチェーン店で「おいしい」「入りやすい」「顧客ニーズの対応に熱心」など、「総合力」で最も高かったのは「吉野家」だった。2位には「松屋」、以下「すき家」「なか卯」「てんや」で、おいしさまたは入りやすさが総合力ランキングに大きな影響を与えていることが分かった。

 日本ブランド戦略研究所は「丼ものチェーン店ランキング」を実施した。調査の対象は吉野家、松屋、すき屋、なか卯、てんやで、各社のイメージをコレスポンデンス分析※で3グループに分類。グループに適した名前を付け、イメージ(%)を合計して高いほうから順位を付けた。

※コレスポンデンス分析……複数の分類項目の類似度、関係の深さを把握する手法。

 調査内容はおいしい、メニューが豊富だ、オリジナリティがある、衛生的だ、入りやすい、顧客ニーズの対応に熱心だ、店員の態度に好感が持てる、経営態度に信頼がおける、安全な食材を使っているの9項目。インターネットを使った調査で、100人が回答した。調査期間は1月8日から1月9日まで。

総合力”と“オリジナリティ”は反比例

 「衛生的」と「オリジナリティ」――この2つのイメージを集計したものを付加価値ランキングとした。この結果、ランキング1位になったのはてんや、2位以下はなか卯、すき家、松屋、吉野家と、総合力ランキングとは、まったく逆となった。

 吉野家や松屋のオリジナリティが低い理由として「牛丼を提供する店は、親子丼やカレーもある。メニュー構成が似ているのが一因かもしれない」(日本ブランド戦略研究所)としている。

 また「メニューが豊富」というイメージをバラエティランキングとした。この調査でトップになったのは松屋、次いですき家、なか卯、てんや、吉野家となった。

yd_don.gif 丼ものチェーン店分布図

関連キーワード

ランキング | 健康 | ビジネスパーソン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ