ニュース
» 2008年01月30日 09時44分 UPDATE

10〜30代、最も多かった新年の目標は「勉強、仕事」

新年の目標として最も多かったのは「勉強、仕事」で、約9割が「2008年の抱負を実現できる」と答えている。2008年も既に1カ月経過。さて、今の時点のあなたは……?

[Business Media 誠]

 gooリサーチと読売新聞社は「新年の目標について」の共同企画調査を実施した。調査はgooリサーチで2007年12月21日から25日まで実施したもので、全国の10代から30代の男女549人が回答した。

2008年に力を入れたいのは「勉強・仕事」「貯金」「趣味」「恋愛」

 同調査によれば、何か実現したいと思っている目標のある人は79パーセントで、「ない」と回答した21パーセントを大幅に上回った。2008年には、どんなことに力を入れたいかを一つ選択してもらったところ、「勉強、仕事を頑張る」が42パーセントでトップ。以下「お金をためる」が15パーセント、「趣味を充実させる」が13パーセント、「恋愛を成就させる」が10パーセントと続いた。

 男女別では、1位はともに「勉強、仕事」だったが、2位以下は男性が「趣味を充実させる」「お金をためる」、「恋愛を成就させる」という順番だったのに対し、女性は「お金をためる」「趣味を充実させる」「ダイエットに取り組む」という順になった。なお、こうした抱負をどの程度実現できると思うかを聞いたところ、「実現できると思う」が90パーセントに上った。

2007年の自分は「70点以上」が約半数

 2007年を振り返って点数を付けると、「70点」が25パーセント、「60点」が18パーセント、「80点」が15パーセントで上位を占めた。「90点」(5パーセント)、「100点」(4パーセント)と合わせると、70点以上が約半数、80点以上も4人に1人となっている。

関連キーワード

目標 | 恋愛 | ダイエット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集