調査リポート
» 2008年01月29日 19時04分 UPDATE

大学生が食品などの不当表示をチェック、ダイエット食品が断トツ

「その部分だけが不自然にエグレます」といったネット上の不当表示。ダイエットや美容に関するものが多く、「美しくなりたい」という願望につけこんだ商品が多いようだ。東京都と首都3大学調べ。

[Business Media 誠]

 商品の表示や広告に関する相談件数は増加傾向にあり、東京都消費生活総合センターによると「インターネットや携帯電話による不当表示が問題となっている」。インターネット上の広告表示に不当表示などが行われていないかどうか、東京都と都内の大学が連携して、実態を調査した。

 不当表示の疑いを指摘されたのは、食品関係が多く359件。そのうち健康食品が251件と約7割を占め、中でもダイエット効果をうたった商品は220件に達した。「寝る前に飲むだけで−15キロ実現」「最低でも15キロ減量」といった内容が多く、学生からは「飲んで寝るだけで効果が期待できるわけがない。最低でも15キロやせるというのは信じがたい。根拠が不明」との指摘があった。

 この調査に参加したのは拓殖大学(16人、うち女性8人)、首都大学東京(18人、うち女性2人)、大妻女子大学(女性18人)で、263事業所519件の事例が報告された。調査期間は2007年5月から10月まで。

ダイエットや美容に関する広告が多い

 報告があった広告表示で最も多かったのは「効果・効能」で38.5%、次いで「商品の優良性・原材料の強調・優越性」が25.4%、「商品の注目度」が14.8%、「限定品、価格の安さを強調、二重価格など」が12.7%、「権威や有名人のコメント」が8.6%。この結果を受け、東京都は「女性をターゲットにしたダイエット、美容に関するものが多く『美しくなりたい』という願望につけこんだ商品に関する広告が多い」と分析している。

 調査をした大学生からは「いろいろ自分で調べて、商品に関するさまざまな情報を入手すべき」といった声があった。今回の報告を受けて東京都は事業者に調査をし、景品表示法(不当な表示を規制することで、一般消費者の利益を保護する法律)に抵触するような表示があった場合には、事業者に改善を指摘していくという。

区分 指摘内容
ダイエット食品 「寝る前に飲むだけで-15kg実現」「最低でも15kg減量!?」「恐ろしいほど痩せる-15キロ以上!」
ダイエット食品 中性脂肪、コレステロールが気になる方にもオススメです。
バストアップ食品 「たったの1週間でバストの大きさが目に見える変化が!?」「爆乳+トップ美白+ウエストくびれ(特許)が医療級で細胞レベルから24時間グングン同時進行!? バストアップに1度も成功したことのない98%が確かな「実感!」
痩身ジェル 「塗りすぎ注意! その部分だけが不自然にエグレます!」「56人中56人全員のセルライトが改善!」「2週間でウエストが86センチから72センチに!」
痩身ジェル 「2週間で−10センチというモノスゴイ結果」「特にウエスト・太もも・ヒップのダイエット専用に開発されたシェイプアップクリームです」「理想的な下半身を目指します」「塗れば塗るほど痩せていく! 24時間連続脂肪代謝ジェル」
パジャマ 「20日間でマイナス10キロ」「寝ている間にセルライト燃焼マッサージ」「配合率を3倍にすることで燃焼率も300%」「業界激震」
シャワーヘッド 「毎日浴びる簡単シャワーでつるつるフェイスをゲットしてのシミ・美白対策もこれでOK! 半永久使用可能! 新陳代謝で美顔エステ+ボディのポツポツにきびにも効果的!」
大学生から、「不当表示ではないか」として報告があった事例

関連キーワード

ダイエット | 広告 | 健康


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集