調査リポート
» 2008年01月18日 11時20分 UPDATE

2007年冬のボーナス、平均支給額は約46万円

2006年の冬のボーナスと比べると、2007年は“減った”人のほうがわずかに多い。ボーナスの使い道は20代が「洋服」、30代が「旅行、レジャー」という結果が出た。C-NEWS調べ。

[Business Media 誠]

 大企業を中心に好決算が続く一方で、株価が下落しているため、景気の先行に不透明感が出ている。日本総合研究所によると、冬のボーナスの支給額は平均で33万2000円と予想※したが、実際のところいくら手にしたのだろうか?

※日本総合研究所が予想した数字は、パートタイム労働者を含む。

 2007年の冬のボーナスの平均支給額は45万7625円であることがC-NEWS編集部の調べで分かった。年代別で見ると、20代が35万1000円、30代が41万6000円、40代が48万1500円、50代が58万2000円となっている。

 また2006年の冬のボーナスと比べ、手取り額が増えた人は24%、逆に少なかった人は26%と、わずかに減少した人が多かったようだ。

 C-NEWS編集部は「冬のボーナスの使い道」を調査した。インターネットによる調査で、20〜59歳の法人経営者、会社員、公務員で、冬のボーナスを支給された400人が回答。調査期間は2008年1月9日から1月10日まで。

yd_bonus.gif 2006年の冬のボーナスと比べ、2007年は?

冬のボーナスの使い道

 「冬のボーナスを貯蓄以外で、どの程度使ったのか(使う予定も含む)」を聞いたところ、41%の人が「ほぼ全額から6〜7割程度」と回答。年代別で見ると、ほぼ全額を使ったのは40代と50代がそれぞれ約3割と多かった。反対に「ほとんど使わない」人で見ると、50代が最も多く25%という結果が出た。

 冬のボーナスの使い道を聞いてみると、20代は「洋服」、30代と50代は「旅行、レジャー」、40代は「生活費」がトップ。またクレジットカードの支払いが、各年代で3位に入っていた。

 ボーナスが出たら必ず行うことや、必ずする買い物が「ある」と回答した人は27%。具体的には「宝くじを買う」「両親へのお年玉」「家電を買い換える」といった声があった。

yd_bonus1.gif 冬のボーナスの使い道

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集