調査リポート
» 2008年01月09日 19時14分 UPDATE

“弱気ムード”が続く中、個人投資家が魅力に感じた業種は?

年明けから大波乱の株式相場――。国内景気や原油高などを懸念し、個人投資家の投資意欲は低い。逆風下が続く中、個人投資家が魅力に感じる業種は何か? 野村證券金融経済研究所調べ。

[Business Media 誠]

 新年最初の株式取引――2008年1月4日の大発会は大波乱で幕を開けた。日経平均株価は616円安で、下落率は−4.6%と過去最大を記録。2007年夏から続くサブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)問題や、米国景気の減速懸念、原油高などが重なり、波乱相場となっている。

 3カ月後の株価見通しを示す「ノムラ個人市場観指数」は28.6※と、前月を7.6ポイント上回ったものの、調査開始以来2番目に低い水準となった。個人投資家の間では、引き続き“弱気ムード”が漂っていることがうかがえる。

ノムラ個人市場観指数:−100から+100までの範囲で推移する。プラス幅が大きいほど個人投資家は市場に対し強気、マイナス幅が大きいほど弱気と見ている。

 野村證券金融経済研究所は、投資動向などを把握するためアンケートを実施した。インターネットによる調査で、株式投資経験がある個人投資家1万1800人が回答。調査期間は2007年12月17日から12月18日まで。

yd_nomura.gif ノムラ個人市場観指数の推移

魅力的な業種は「医薬品、ヘルスケア」がトップ

 12月17日の日経平均株価1万5249円に対し、3カ月後の見通しを聞いたところ、「1000円程度下落」と回答した人は、前月から1.4ポイント増の27.2%。「サブプライムローン問題の実体経済や金融市場の与える影響や、国内景気や企業収益に対する懸念がある」(野村證券)と、慎重な見方が依然として強い。

 個人投資家が注目する魅力的な業種は、前月に続き「医薬品、ヘルスケア」がトップ。次いで「情報、通信」「電機、精密」が上位となった。前月と比較すると、上位3業種では「資源関連」に代わり「電気、精密」が入った。景気に左右されにくいと言われる「医薬品」への関心が強い。

 一方、下位3業種は「建設、不動産」「金融」「運輸、倉庫」。前月と比べると、順位は異なるものの、業種に変化はなかった。サブプライムローン問題の懸念があるため、引き続き金融は魅力に感じられない業種に挙げられた。

 投資対象として保有したい銘柄は、「トヨタ自動車」が断トツ。次いで「任天堂」「ソニー」「東京電力」という結果となった。

yd_nomura1.gif 注目度の高い業種は「医薬品、ヘルスケア」がトップ

関連キーワード

投資 | | 投資信託


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -