ニュース
» 2007年10月30日 13時45分 UPDATE

JR九州のICカード乗車券、名称は「SUGOCA(スゴカ)」

JR九州が2009年から導入するICカード乗車券の名称が決定した。ロドニー・A・グリーンブラット氏がデザインした「カエルと時計」がキャラクターとなる。

[Business Media 誠]
ay_sgc01.gif SUGOCA ロゴ

 JR九州は10月29日、2009年春から福岡・北九州エリアで導入するICカード乗車券の名称が「SUGOCA(スゴカ)」に決まったと発表した。SUGOCAは「Smart Urban GOing CArd」の略だという。

 キャラクターは「カエルと時計」。デザイナーのロドニー・A・グリーンブラット氏がデザインしたもので、列車の乗車スタイルを「変える」、駅などの店舗で「買える」、列車で「帰る」といった機能や、鉄道の持つ「定時性」を表しているという。

ay_sgc02.gifay_sgc03.gif

ay_sgc04.gif 利用可能なエリアは、福岡・北九州都市圏の144駅。ただし、筑肥線、唐津線(姪浜〜西唐津)の20駅は導入時期未定

ICカード乗車券、JRでは5グループ目

 すでにJR東日本が「Suica」、JR西日本が「ICOCA」、JR東海が「TOICA」を導入しているほか、JR北海道も2008年秋に「Kitaca」を導入する。

 また九州では、福岡を中心に展開する西日本鉄道が2008年春を目処にIC乗車券「nimoca(ニモカ)」を導入予定だ。

ay_kitaca.gifay_nimoca.gif JR北海道の「Kitaca」(左)と、西日本鉄道の「nimoca」(右)

関連キーワード

ICOCA | Suica | TOICA | デザイン | FeliCa


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ