調査リポート
» 2007年08月21日 22時07分 UPDATE

投資経験があるシニア層、頻繁に金融商品をチェック

[Business Media 誠]

 投資経験があるシニア層(50〜60代)の7割が1日に最低1回、インターネットで金融商品の情報をチェックしていることが分かった。1日に数回チェックをしていると回答した人は35.0%と最も多く、次いで1日に1回が34.7%、1週間に1回程度が11.7%という結果だった。

 調査会社のWebマーケティングガイドは、「シニア層のインターネットでの金融商品購入に関する調査」を実施した。調査対象は、インターネットで金融商品を購入したことがある50代・60代の男女300人。

資産1000万円以上が4割以上

 同社が以前に調査した結果によると、20代〜50代の投資経験者の61.0%が「1日に1回以上」金融商品の情報をチェックしていた(参照リンク)。今回の調査でシニア層の7割以上が金融商品をチェックしていることについて、「年代に関係なくインターネットで情報収集をする傾向がある」(同社)としている。

 現在の資産状況については「1000万円以上3000万円未満」が22.7%で最も多く、1000万円以上と回答した人は44.1%に達し、富裕層が多いことがうかがえた。一方で、「100万円未満」と「100万円以上300万円未満」を合わせると25.3%。この結果について、「簡易で安価なインターネット金融取引も増えてきている」(同社)と指摘している。

yd_shinia.gif インターネットで金融商品に関する情報をチェックするのは、1日数回が35.0%、1日1回程度が34.7%

インターネット金融取引の満足点は「料金が安い」「時間がかからない」

 インターネットで金融商品を購入する際、満足な点を自由回答で質問したところ、「料金が安い」「時間がかからない」「リアルタイムでできる」がそれぞれ30人を超えた。このほか「手軽で便利」「店舗へ行かなくて済む」「わずらわしくない」「簡単にできる」という回答が多かった。

 インターネットでの金融取引は、「安い・早い」という印象が強いようだ。同社では「店舗へ行かずに済むインターネット金融取引は、今後高齢化社会になってシニア層が増えた場合、ニーズはさらに高まる」と分析している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ