ニュース
» 2007年07月11日 22時50分 UPDATE

セブン-イレブン、マクドナルドを抜いて世界最大のチェーン店舗数に

創業80周年を迎えるセブン-イレブンが、店舗数で米マクドナルドを抜き、世界最大のチェーン店数となった。

[Business Media 誠]

 コンビニエンスストアチェーンのセブン-イレブンは7月11日、2007年3月時点の店舗数が3万2208店舗となり、ハンバーガーチェーンのマクドナルドを抜いて、世界最大のチェーン店舗数になったことを発表した※。

 現在セブン-イレブンは日本のほか、米国、台湾、タイ、韓国、中国、マレーシア、メキシコ、カナダ、トルコ、スウェーデンなど世界の17カ国・地域に出店している。

※6月末のセブン-イレブンの店舗数は3万2711店

 セブン-イレブンは1927年に創業し、今年が80周年になる。米サウスランド・アイス(現7-Eleven)がテキサス州オーククリフで氷の小売販売店を開いたのが始まり。朝7時から夜11日まで毎日営業し店名を「セブン-イレブン」とした第1号店は1946年にオープンした。

 日本での第1号店は1974年に東京都江東区豊洲で開業している。2005年にセブン-イレブンジャパンは米7-Elevenを完全子会社化した。

関連キーワード

コンビニ | マクドナルド


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -