ニュース
» 2007年06月13日 23時15分 UPDATE

JR北海道、2008年秋にICカード乗車券「Kitaca」を導入

JR北海道は2008年秋から札幌で利用できるIC乗車券「Kitaca(キタカ)」を導入する。キャラクターはエゾモモンガ。JRグループでは4社目のICカード導入となる。

[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 JR北海道は6月13日、2008年秋から札幌エリアでICカード乗車券を導入すると発表した。名称は「Kitaca(キタカ)」。

 「JR北(キタ)海道のICード」という意味で、キタカと名付けられた。キャラクターは、北海道全域だけに生息するリス科モモンガ属の小動物「エゾモモンガ」。

ay_jr01.gif Kitacaのロゴ
ay_jr02.gif キャラクターのエゾモモンガ

 KitacaはSuica、ICOCAなどと同じ、プリペイド(前払い)型の乗車券。定期券タイプも用意される。利用できるエリアは、札幌圏の無人駅を含む55駅となっている。

ay_jr03.gif 定期券(左)と乗車券(右)の券面デザイン
ay_jr04.gif 利用エリア

 JR北海道では当初、2009年度にICカードを導入する予定だったが、システムや各機器の仕様検討が順調に進んでいるという理由で、導入開始時期を早めた。現在JR東日本が「Suica」、JR西日本が「ICOCA」、JR東海が「TOICA」を導入しているのに続き、JRグループとしては4社目のICカード導入となる。このほかJR九州も2009年春以降にサービスを開始すると表明している(2006年9月の記事参照)

関連キーワード

FeliCa | ICOCA | Suica | TOICA


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -