ニュース
» 2007年05月14日 14時21分 UPDATE

競売などで悩む人に、専門業者を紹介するWebサービスを開始

[Business Media 誠]

 Web運営のマーキュリーシスコムと不動産任意売却を手がけるルーフは業務提携を結び、不動産任意売却の紹介サイト「任売ナビ」を、5月14日からスタートした。住宅ローンの滞納や物件の差し押さえに困っている依頼者に、専門業者を紹介するWebサービスは業界初という。

 差し押さえや競売などで悩む依頼者が物件を賃貸で貸したいと希望するケースでは、買取業者を紹介。「残債務は少ないので、物件を競売にかけたくない」という依頼であれば、仲介業者を紹介する。提携業者の基準は、任売物件成立が10件以上や残債務処理の対応能力などとしている。

 現在の提携業者はルーフのみだが、今後は各都道府県に5社程度、全国で200社の登録を目指す。初年度は5000人が利用し、3年後には年間2万人の依頼を見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ