南魚沼産コシヒカリのビンテージ米「おりざ」、5000袋限定で発売

米穀卸売の米常商事は「最高峰のお米」と称し、10の基準をクリアした南魚沼産コシヒカリのビンテージ米を5000袋限定で発売した。

 米穀卸売の米常商事は、4月21日、南魚沼産コシヒカリのビンテージ米「おりざ」を5000袋限定で発売した。2008年度産で、5キログラム入り4200円(送料別)。

ay_oriza.jpg 南魚沼産コシヒカリの「おりざ」

 新潟県の南魚沼地区で生産されるコシヒカリは、日本穀物検定協会が1971年から行っている「米の食味ランキング」で唯一20年連続で「特A」※を獲得しており、おいしいブランド米として高い人気を誇る。

※2008年生産の米127銘柄の中で、特Aを獲得したのは21銘柄

 おりざはその南魚沼産コシヒカリの中でも、同社が「最高峰のご飯」とする高級米だ。専任バイヤーが現地に滞在し、米生産者を1軒1軒訪問することで生産者の熱心さや熟練度などをチェック。独自に設定した10の基準をクリアした米だけを、おりざとして販売する。同社はこれまで、飲食店のみにおりざを卸していたが、今年から一般消費者へも販売することにしたという。

- 要素 基準
1 産地・品種 南魚沼産(魚沼産の中でも南魚沼地区で収穫された米のみ)
2 産地・品種 コシヒカリ
3 生産者 適切な水管理、草管理
4 生産者 化学肥料・農薬の使用状況
5 生産者 価値観の共有
6 米卸 等級(1等米のみ使用)
7 米卸 食味値
8 米卸 整粒歩合
9 米卸 最適な温度・湿度で玄米を保管
10 米卸 出荷直前に精米

 「おりざ」の名称はイネの学名“Oryzasativa”(オリザ・サティバ、ラテン語)にちなみ、おいしい米づくりの原点に立ち返るという意味で名づけたという。米常ライス魚沼(参照リンク)で申し込みを受け付ける。

関連キーワード

基準 | 野菜 | ブランド戦略 | グルメ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus