+D Style News:アウディ、環境対応リースパッケージを組み合わせたA8L特別仕様車

後部座席の快適さを高めたアウディA8L特別仕様車に、カーボンオフセットなどが含まれる専用リースパッケージを組み合わせたプログラムが登場。エコが気になるエグゼクティブ向け。

photo 「アウディ A8L FSI クワトロ ショーファーリミテッド」

 アウディジャパンは、同社のフラッグシップサルーンをベースした特別仕様車「アウディ A8L FSI クワトロ ショーファーリミテッド」に、カーボンオフセットなどを含む専用リースパッケージを組み合わせた「Audi All-in-one Program(アウディ オール・イン・ワン プログラム)」を発表した。車両価格は1215万円。

 今回の特別仕様車は「アウディ A8L 4.2 FSI クワトロ」をベースに、クールボックスやリヤシート用カルダンライト、リヤシート用タイサポートを装備し、後部座席の快適性に配慮した。

 リースパッケージは、アウディ独自のサービスを提供する自動車保険「アウディ自動車保険プレミアム」を含む「アウディ オートリース」と、年間1万2000キロ走行した場合の3年分もしくは5年分のCO2排出量相当金額を付帯し、オフセットする「アウディ カーボンオフセット」、走行距離5万キロまでのメンテナンスを3年間無料でサポートしてくれる「アウディ フリーウェイプラン」を組み合わせたリースプログラムとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus