+D Style News:「アルファ159」に快適性能を高めた“Elegant”バージョン

フィアットが「アルファ159 2.2 JTS セレスピード」と「アルファ159スポーツワゴン 2.2 JTS セレスピード」の2車種から、装備品にこだわり快適性能を高めた“Elegant”バージョンの販売を開始した。

 フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、アルファ ロメオのセダン「アルファ159 2.2 JTS セレスピード」とステーションワゴン「アルファ159スポーツワゴン 2.2 JTS セレスピード」に、特別装備品を加え快適性能を高めた“Elegant(エレガント)”バージョンを発売した。価格は、「アルファ159 2.2 JTS セレスピード エレガント」が500万円、「アルファ159スポーツワゴン 2.2 JTS セレスピード エレガント」が520万円。

photo アルファ159(この画像はエレガントモデルではありません)

 今回の新作は、アルファ159 2.2 JTS セレスピードとアルファ159スポーツワゴン 2.2 JTS セレスピードの“ディスティンクティブ”バージョン(右ハンドル仕様)に特別装備品を加えたモデルで、ともに2.2リッターの直列4気筒直噴式エンジンを搭載している。

 バイキセノン ヘッドライトや、ETC、イタリアの高級家具メーカーであるポルトローナ・フラウ製のレザーシート、アルファ ロメオ オリジナルロゴ入りHDDカーナビゲーションシステムを装備品として採用することで、快適性能を高めた。

 そのほかの装備として、ヒーテッド電動ドアミラー、ホールスタイリング421アロイホイールやフロントパワーシート(運転席のみ、ドアミラー連動メモリー機能付き)、3段階調節式シートヒーター(運転席&助手席のみ)、画面表示アラーム式パーキングセンサー(フロント&リア)を搭載。またETCは、同モデルを含む今後のアルファ159、アルファ159スポーツワゴンでは標準装備となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus