+D Style News:アウディ、燃費向上させた新「A4 アバント」

アウディはステーションワゴン新「A4 アバント」を発表。A4セダンのエンジンを改良し、燃費やCO2排出量など環境に配慮した。

 アウディ・ジャパンは7月29日、ミドルクラスのステーションワゴン「アウディ A4 アバント」を発表した。8月19日から販売する。価格は「アウディA4 アバント 1.8TFSI」(以下、1.8TFSI)が437万円、「アウディA4 アバント 3.2FSI quattro」(以下、3.2FSI quattro)が663万円。


photo

 A4 アバントは今年3月にフルモデルチェンジして発表されたA4セダンのステーションワゴンタイプ。今回A4セダンで採用した新エンジンにさらなる改良が加えられている。

 直列4気筒1.8リッター直噴ターボエンジンを採用している1.8TFSIは160馬力(118kW)の最高出力はそのままに、10・15モード走行における燃費性能を従来型に比べ17.5%向上させ、1km走行あたりのCO2排出量も14.5%低減した。

 アウディ バルブリフト システムを採用するV6 3.2リッター直噴エンジン搭載の3.2FSI quattroは、最高出力が従来型比で3.9%アップとなる265馬力(195kW)にハイパワー化しつつ、同時に燃費性能を9.4%向上させ、CO2排出量を8.6%低減した。

 アウディ A4 アバントには、フロントアクスル搭載位置を移動することで前後の重量配分を最適な状態に近づけた新ドライブトレインを採用。ラゲッジルームはプレミアム ミドルクラス ステーションワゴンのなかでは最大容量の490リッターを誇る。新構造ラゲッジカバーや、リバーシブルラゲッジフロアの採用で、荷物出し入れの利便性を高めた。

photo

 フルセグ放送対応の地上デジタルTVチューナー内蔵。オプションとしてデンマークの高級オーディオ、バング&オルフセンのカーオーディオを設定することもできる。

関連キーワード

アウディ | ワゴン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus