-コデラ的-Slow-Life- :OM再び。今度はOM2でも……

いろいろ手をかけたOM-10も出番が少なくなってきた。「何かほかの面白そうなカメラを」と探すと、そういうときに限ってOMシリーズの程度のいいヤツが見つかる。というわけで、OM-2のリファインモデル「OM-2 SP」である。

 マニュアルアダプタまで購入して、オート以外の撮影もできるようになったOM-10。だが、カメラをこれしか持っていなかったら我慢して使うところだが、これ以外にも使えるカメラは山とある。マニュアルで使うなら、OM-10じゃなくてもいいわけである。

 そう思うと、OM-10の出番も少なくなってきた。何かほかの面白そうなカメラを、と探していたのだが、そういうときに限ってOMシリーズの程度のいいヤツが見つかるものである。ほかに面白そうなカメラもなかったので、手に取ってみた。


photo 端正な姿が印象的な「OM-2 SP」

 よく見ると、普通のOM-2とは違って新しい感じがする。プリズムの腐食もないし、スクリーンも綺麗だ。症状は、シャッター不良。電池残量はまだあるようだが、どこかでシャッターが引っかかっていて、ミラーアップしたままである。

 こういう症状は、OMシリーズではよく聞く。よく聞くということは、探せば直しようがあるということである。直らないようだったら、プリズムとスクリーンをOM-10に移植してもいい。そう思って購入した。例によって、3150円である。

リニューアルされたOM-2 SP


photo OMシリーズ初のプログラムAEモード搭載

 帰って調べてみると、これはOM-2のリファインモデルで、OM-10から5年後の84年に発売された「OM-2 SP」であることがわかった。SPとはボディにも刻まれているが、SPOT/PROGRAMの頭文字を取ったものである。

 OMシリーズとしては初のプログラムAEモードを備えたモデルで、シャッタースピードと絞りがお任せで撮れる。既存のレンズを使ってこれを実現するのは大変だったろうが、残念ながらそれを使う機会はほとんどないと思う。


photo 軍艦部。機能的には少ないが、メカニカルな印象を残す

 ファインダ内の露出計が見やすく、マニュアルカメラとしても普通に使いやすそうだ。ボディ脇のボタンを押すと、液晶のバックライトが点いて、露出計が見やすくなる。さすがはOM一桁台だけあって、細かいところまでよくできている。

 シャッタースピードもマニュアル設定可能ということで、バルブ撮影もできるのだが、速度リングがどうしてもバルブまで回らない。あちこち調べてみると、レンズ脇の下の部分に、小さなボタンがあるのを見つけた。これを押しながらリングを回すと、バルブまで回る。


photo 遠慮がちに付けられた、バルブロック

 セルフタイマーの仕組みは、非常に変わっている。最初は機能がないのかと思っていたが、ボディ前面にある赤いLEDの上の突起を持ち上げて、左に倒すと、セルフタイマーモードとなる。元に戻すまで何度でもそのままでセルフタイマーとなるのは、便利なのか不便なのかよくわからない。

 露出補正は、OM-10のように「それってISO感度直接回してるだけじゃん」的なものではなく、ちゃんと現在のISO感度設定をキープしたまま、ダイヤルが回る。原理的には結局同じ事なのだが、表示の仕方で使い勝手がずいぶん違う。


photo 赤い部分がセルフタイマー。底部にはコインネジが二カ所

 底部には同じような蓋が2つあるが、電池を2カ所に入れるわけではない。真ん中寄りのほうは、モータードライブ接続用の端子である。しかし同じような蓋で、紛らわしくなかったのだろうか。

 このカメラ、電池を使う割には電源ボタンがない。OM-10と同じように、しばらくすると勝手に電源が切れている。復帰させるにはモードを変えるか、シャッターボタンを軽く押す。


photo シャッターは布製横走り

 電源ボタンがないため、すぐ電池が切れるという誤解もあるようだ。カメラ自体はそれほど珍しい作りではないが、OM-1や2の陰に隠れてか、あまり中古市場では見かけないカメラである。

小寺 信良

photo

映像系エンジニア/アナリスト。テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、CGアーティストとして独立。そのユニークな文章と鋭いツッコミが人気を博し、さまざまな媒体で執筆活動を行っている。最新著作はITmedia +D LifeStyleでのコラムをまとめた「メディア進化社会」(洋泉社 amazonで購入)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus