肉!チーズ!塩!ペッパー!が“ジュワァ〜”:素材の旨みで勝負――「絶品チーズバーガー」を食べてみた

「口に入れた瞬間、『ハンバーガーってこれだよ!』と、思ってもらえるようなモノを作りたかった」――そんな思いが込められているロッテリアの「絶品チーズバーガー」が、首都圏48店舗で先行販売される。

photo 絶品チーズバーガー
photo ロッテリア池袋東口店では、ひとあし早く販売が開始されている

 ロッテリアは11月29日、新作ハンバーガー「絶品チーズバーガー」を発表、東京・ロッテリア池袋東口店で記者発表会を行った。同店では午後2時より販売を開始し、30日から首都圏を中心とした48店舗で先行販売する。価格は単品で360円、ポテトとドリンクのセット価格は650円。全店舗での販売は2008年4月を予定している。

 ロゴマークの変化が代表するように、ブランドイメージをリフレッシュするための取り組みを2年ほど前から行ってきたというロッテリア。“直球の正攻法でおいしさを追求する”というコンセプトを掲げ、2006年5月にはパテと野菜の素材にこだわった「ストレートバーガー」を発売した。今回の新作バーガーはコンセプトをさらに追求し、野菜やケチャップなどを使わず、シンプルな味付けで肉そのものの旨みを味わえるバーガーになっているという。

つべこべいわずに、食べてみた

photo

 「口に入れた瞬間、『ハンバーガーってこれだよ!』と、思ってもらえるようなモノを作りたかった」と語る篠崎真吾社長。商品名に“絶品”の2文字を入れるあたりにも、その自信がうかがえる。というわけで、早速その実物を試食してみた。

photo ごらんの通り、見た目は地味。でも肉の脂のツヤが旨そう……

 野菜が入っていないこともあり、見た目はかなり地味な絶品チーズバーガー。手に持ってみると、パンがふんわりとソフトなことに気づく。日本人の好みにあわせ、小麦や発酵工程を吟味して風味と柔らかさを出しているとのこと。内側は程よく焦げ目が付き、香りはできたてのホットケーキといった感じだ。

 口にほおばると、従来のファーストフード・ハンバーガーとはちがう“肉感”あふれるミートパテの食べ応えに驚く。80グラムという肉のボリューム(通常は45グラム)や、従来は2〜3ミリでひかれるひき肉を9ミリという超粗びきで仕上げていることがポイントだ。また、牛モモ肉や豚の背脂などの素材を、200通り以上の組み合わせから試行錯誤し厳選。ジューシーな仕上がりとなっていた。


photo にゅ〜っとチーズがのびのび。四角いいつものアレとはちょっと違う

 味付けは塩、あらびきブラックペッパー、オレガノといういたってシンプルなもので、ペッパーのスパイシーさがかなり強い。チーズはファーストフード業界で初めてナチュラルチーズを採用し、パンを開けば糸がいくつも線を引く“トロトロ”の状態になっている。スイス産のグリュィエールチーズとニュージーランド産のレッドチェダーチーズをブレンドし、コクと風味を際立たせているというが、少しスパイシーさにかき消されている感もあった。

 フランスでシェフパティシェとして活躍し、ロッテリアの商品総合プロデューサーを務める嶋原博シェフの発想を原点に、素材はもとより焼き時間などの料理プロセスにも工夫したという絶品チーズバーガー。ひと言で感想をいうならば、「お肉屋さんのハンバーガー」といったところ。試食する他の報道陣からも、「ちゃんとしたハンバーガーって感じがする」などの言葉がもれていた。先行販売で一般客の意見を聞きながら、さらに商品の作り込みを行っていくとのことなので、興味のある方はぜひその味を体感してほしい。

photo 発表会場には“応援団”として、ボクサーの内藤大助選手(写真左)、川嶋勝重選手(写真中央)、東日本ボクシング協会の大橋秀行会長(写真右)が登場した。試作段階の絶品チーズバーガーを試食したという川嶋選手は、「ハンバーガーの世界チャンピオンになれる」と絶賛

関連キーワード

ファストフード


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus