+D Style News:300万円のパネルとともに、 “光る”押切もえさんが登場──「SO704i」キャンペーン

幻想的なイルミネーションが魅力のSO704iのキャンペーンに、“光る衣装”を着た押切もえさんが登場。押切さんがデザインした、300万円相当の豪華着せ替えパネルもお披露目された。

photo モデルの押切もえさん

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは7月19日、NTTドコモのFOMA端末として7月13日に発売した着せ替えイルミネーション携帯「SO704i」の“Dreamy Twinkle”キャンペーン発表会を池袋サンシャインシティのプラネタリウム「スターライトドーム満天」で行った。

 SO704iはパネル越しに浮かび上がる光の演出“Dreamy Twinkle”が特徴。オプションパネルごとに異なるイルミネーションを用意し、幻想的なデザインと遊び心を備えた携帯に仕上がった。会場にはイメージキャラクターを務める押切もえさんが登場。プラネタリウムのナレーションに挑戦したほか、自身がデザインした300万円相当のSO704i用“ジュエリーTwinkleパネル”とともにステージでトークセッションを行った。


photophoto 7月20日から出現する「ペルセウス流星群」に合わせて行われた今回の発表会。押切さんがナレーションを担当したプラネタリウムの上映が終わると、アーティストの柏原エリナさんがデザインを担当した“光る衣装”を着た本人が、暗闇から登場した

 押切さんは先代のSO703iでも豪華パネルのジュエリーをセレクトしているが、今回は自身の星座である山羊座をテーマにダイヤモンドやサファイア、エメラルドなどで装飾された“ジュエリーTwinkleパネル”をデザイン。隙間なく散りばめられたリアルジュエリーがカメラのフラッシュで輝いた。

photophoto “ジュエリーTwinkleパネル”(左)と“Dreamyパネル”(右)

 このパネルはSO704iの購入者を対象に抽選を行い、1名に押切さん本人から手渡しでプレゼントされる。応募は7月19日から8月31日まで同社サイトで受け付けている。また、同じく山羊座をモチーフに、押切もえさんがデザインした“Dreamyパネル”も抽選で1000名にプレゼント。7月19日から8月29日まで、iモードの“SO@Planet”で応募を受け付ける。

 300万円相当の豪華パネルを装着したSO704iを片手に「もっているだけでドキドキしちゃいます」と押切もえさん。衣装については「今までいろいろな服を着てきましたが、光る衣装は初めてでフィッティングの時から楽しみにしていました。今回、プラネタリウムの中で登場できて感激です」と語った。

photophotophoto 本物の宝石が散りばめられた豪華なパネル。「緊張しちゃって、使えないかも。でも大切な電話がより素敵になりそうで、ドキドキします」

 プラネタリウムを見るのは中学生の頃以来という押切さん。「いままで見て楽しむ側だったプラネタリウムを、見せる側として参加できたのは、とっても新鮮でした。とてもロマンティックな場所なので、この携帯にもぴったりだと思います」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.