+D Style News:新「Fiat 500」誕生イベント――トリノなどイタリア主要都市でお祝い

7月4日、いよいよ名車“チンクエチェント”が復活する。50年ぶりのこの記念すべき日に、イタリアは街をあげてお祝いムードだ。

 新型「Fiat 500」がイタリア本国で7月4日(現地時間)に正式発表される。Fiat社はちょうど50年前の1957年7月4日に、名車“チンクエチェント”「Fiat 500」を世に送り出しているが、50周年を迎える同じ日に、大規模な新Fiat 500誕生イベントを開催する。

photophoto 新型「Fiat 500」
photo 名車“チンクエチェント”「Fiat 500」

 新型「Fiat 500」お披露目にあたり、Fiatの本拠地トリノで150台を連ねてパレードを行った50年前の伝説的イベントにならってトリノで大規模なイベントを開催する予定。さらにイタリアの主要30都市で、市街地の中心部と伝統的な広場に通じる道路を閉鎖し、Fiat 500だけを通行許可する計画も進行しているという。

photophoto

 トリノでは、7000人以上を招いてのパーティーが開催。昨年開催されたトリノ・オリンピックの開会式と閉会式を手がけたマルコ・バリチ氏演出による壮大なショーが催される。イベント開始時刻の現地時間午後10時(日本時間で7月5日午前5時)から、専用ウェブサイト(http://www.fiat500.com/)でイベントの様子が掲載される予定。

 翌7月5日には、ローマでイタリア大統領(G・ナポリターノ)に新Fiat 500が贈呈されるという。

photophoto

 新型Fiat 500は3ドアのコンパクトボディで、全長3550ミリ、全幅1650ミリ、全高1490ミリ、ホイールベース2300ミリ。ポーランド・ティヒの工場で製造される。

 1.2リッター8バルブ(69馬力)/1.4リッター16バルブ(100馬力)の2種類のガソリンエンジンと、1.3リッター16バルブディーゼルターボ(75馬力)エンジンという、3種類のパワートレインユニットをラインアップ。すべてに5〜6速MTのギアボックスを組み合わせている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus