+D Style News:プジョーの「207」にクーペ・カブリオレモデルが登場

プジョーのコンパクトカー「207」シリーズに、電動ルーフを備えた「207 CC」が追加される。ターボチャージャーを搭載したGTモデルも用意した。

 プジョー・ジャポンは6月18日、コンパクトカー「プジョー207」シリーズに、電動開閉式メタルルーフを搭載した「207 CC」を追加、同日より販売すると発表した。

photo

 販売されるモデルは1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載した4速ATの「207 CC」、シートとトリムにレザーを採用した「207 CC レザー」、さらにダッシュボードにもレザーを使用した「207 CC Premium」、ターボチャージャーを搭載した5速MTの「207 CC GT」となる。価格は、207 CCが309万円、207 CCレザーが330万円、207CC Premiumと207 CC GTが344万円。

 207 CCは、約25秒で開閉可能な電動メタルルーフを搭載。全高を1395ミリと207ハッチバックモデルより75ミリ低く設定することで、クーペとしてのスタイルを強調した。ボディカラーは全7種類で、インテリアカラーとの組み合わせは計58通り。

 ラゲッジ・スペースは、ルーフを閉じた状態で最大370リットル、開けた状態でも最大145リットルの容量を確保。安全性能に関しては、フロントとサイドにエアバックを装備するほか、転倒の際に後部座席乗員を守る「オートマチック・ロールバー」を装備する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus