+D Style News:アルファ ブレラ/スパイダーに2.2リッターのセレスピード仕様

アルファ ロメオのスポーツクーペ「アルファ ブレラ」と2シーター・オープンスポーツ「アルファ スパイダー」に、セミオートMT「セレスピード」仕様・右ハンドル車が登場。2.2リッターエンジンを組み合わせて、500万円を切るプライスを実現。

 フィアット オート ジャパンは5月31日、アルファ ロメオのスポーツクーペ「アルファ ブレラ」と2シーター・オープンスポーツ「アルファ スパイダー」に、ATモード付6速シーケンシャル・トランスミッション「セレスピード」仕様の右ハンドル車を設定したと発表した。6月2日から全国アルファ ロメオ正規ディーラーより販売を開始する。価格はアルファ ブレラ(2.2 JTS セレスピード スカイウィンドー)が480万円、アルファ スパイダー(2.2 JTS セレスピードプログレッション)が473万円、アルファ スパイダー(2.2 JTS セレスピード ディスティンクティブ)が505万円。

photophoto スポーツクーペ「アルファ ブレラ」(左)と2シーター・オープンスポーツ「アルファ スパイダー」(右)

 同社独自のセミオートMT「セレスピード」は、マニュアル・トランスミッションにスポーティーで実用的な自動変速と自動クラッチ機構を組み合わせたもので、タイムラグの少ないスムーズなシフトチェンジが可能になっているという。マニュアルモード時のシフト操作は、シフトレバーだけでなく、ステアリングホイール背面のパドル式スイッチでも操作可能。このセレスピードに直噴式2.2リッターのJTSエンジンを組み合わせることで、3.2リッターAT(Q-トロニック)仕様に比べて約100万円安い価格設定にしている。

photo ATモード付6速シーケンシャル・トランスミッション「セレスピード」

 またシフトレバーを右に倒すと自動変速のドライブモードも選択可能。マニュアル/ドライブどちらのモードでも、スポーツシフトを選択することでエンジン制御とトランスミッション制御をよりスポーティーな制御に変える。クラッチを廃した2ペダルなので、AT限定免許でも運転が可能。

photophotophoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.





Special

バックナンバー

誠Focus