誠

プリンタ用表示
速報

フォーモストブルーシールと南日本信販、VISA TOUCH/スマートプラスを導入

2007年02月27日 22時50分 更新

 アイスクリーム製造販売のフォーモストブルーシールとUFJニコスグループの南日本信販は、ブルーシール直営店に非接触ICカード決済サービスVISA TOUCH/スマートプラスを導入することで合意し、3月1日から取り扱いを開始する。

 ブルーシールは「ブルーシールアイスクリーム」のブランド名で、沖縄県を中心にアイスクリームパーラー40店舗を展開する企業。VISA TOUCH/スマートプラスの導入により、来店客が集中する時間帯のレジ混雑緩和や、代金支払いのスピードアップを目指す。南日本信販はカード会員の利便性向上や小額決済マーケットのカード取り込み拡大を見込んでいるという。

 VISA TOUCHは、ビザ・インターナショナルが提供する国内共通の非接触ICサービスで、スマートプラスはUFJニコスが独自に展開するサービス。両サービスとも携帯電話を使ったモバイル型と専用のプラスチックカード型があり、親カードをNICOSカードあるいはUFJカード、子カードをVISA TOUCHまたはスマートプラスとする親子カード方式を採用している。利用分は親カードに合算して一括請求される仕組みだ。

 スマートプラスはVISA TOUCHと互換性があり、ブルーシールは他の国内VISAメンバーが発行するVISA TOUCHの取扱いも可能になっている。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.