誠

プリンタ用表示
ニュース

「オープンアプリプレイヤー」版jigブラウザが登場――au新端末で利用可能に

jig.jpは同社の「jigブラウザ」を、auの「オープンアプリプレイヤー」に対応させた。「W51CA」など、オープンアプリプレイヤー搭載端末でjigブラウザが利用可能となる。
2007年02月02日 17時26分 更新

 jig.jpは2月2日、同社のフルブラウザアプリ「jigブラウザ」を、au端末のJava実行環境である「オープンアプリプレイヤー」に対応させたと発表した。2月2日発売のオープンアプリプレイヤー対応端末「W51CA」から利用でき、auの新端末で初めてjigブラウザに対応する。

 au端末のアプリケーションプラットフォームは、2004年6月発売の「A5407CA」以降Javaに対応しておらず、「BREW」に統一されていた。しかし、1月16日に発表した春モデル(1月16日の記事参照)から、BREWのミドルウェアであるオープンアプリプレイヤーを搭載しており、Javaアプリの実行が可能となった。

 オープンアプリプレイヤーでは、通信容量が1日3Mバイトに設定されるほか、保存領域など仕様上の制限が大きくなっている。対応するjigブラウザでは、ページ取得・画像取得といった通信のたびに確認ダイアログが出現し、毎回許可が必要。また、ブラウザ画面下に通信可能容量を確認できるバーを表示する。

photo 「jigブラウザ」

 また、保存領域の制限により、プラグインツールであるjigletのうち、ウェブ検索/イメージ検索/乗換案内/天気/地図/辞書検索/PCメールなどの主要なものを固定機能として実装し、ほかのjigletについては、単独のオープンアプリに変換し提供する。

 jigブラウザのダウンロードは「 http://br.jig.jp/?p=25 」から行え、料金プランは月額630円か年額6000円の2種類。アクセスするページ数に制限がある無料デモで試せるほか、機種変更時のお気に入りや設定の引継ぎにも対応する。

photophotophoto ダウンロードしたjigブラウザは、「オープンアプリプレイヤー」メニューに登録される。通信を行うたびに確認ダイアログが出現する

photophotophoto オープンアプリで通信できるデータ量は、1日3Mバイトと制限されている。画面下には、どれくらいの通信が可能かを示すバーが表示される

photophotophoto メニュー構成はこれまでのjigブラウザと変わらない。アプリの容量制限からjigletの利用には対応しておらず、主要なjigletを固定機能として実装している。それ以外のjig.jp製jigletは、単独のオープンアプリとして提供する

photophotophoto 使用したパケット料金の目安となる、使用料金プラン設定と料金通知設定も備える。操作メニューによるインタフェースも変更はない

[平賀洋一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.