誠

プリンタ用表示
ニュース

Sony Ericsson好調、純利益は3倍に

Sony Ericssonの第4四半期決算は、サイバーショット携帯やウォークマン携帯の出荷が好調で増収増益。シェアをさらに伸ばしたという。
2007年01月18日 08時01分 更新

 Sony Ericssonが1月17日発表した第4四半期(10〜12月期)決算は、売上高は37億8200万ユーロで前年同期比64%増、純利益は4億4700万ユーロで、前年同期の1億4400万ユーロの3倍以上となり、過去最高を記録した。

 第4四半期の出荷台数は2600万台で、前年同期比61%の伸び。サイバーショットモデルのカメラ付き携帯「K800」や「K790」、ウォークマン携帯の出荷が好調で、地域別では、南米やアジア、欧州市場での売り上げが特に伸びている。平均販売価格(ASP)も予想を若干上回ったという。

 Sony Ericssonでは、第4四半期に市場シェアを1ポイント伸ばし、約9%のシェアを確保したとみている。マイルス・フリント社長は「目標は業界トップ3入りだが、この勢いなら手が届きそうだ」とコメントしている。

 通年では、売上高は前年比51%増の109億5900万ユーロ、純利益は同185%増の9億9700万ユーロ。出荷台数も前年を46%上回る7480万台となった。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.