誠

プリンタ用表示
ニュース

大切なのは“つながる安心”と“つながらない安心”──auが考える親子の携帯

子供のそばにいられないときに親子をしっかりつなぐ“つながる安心”、有害サイトやメールにアクセスできないようにする“つながらない安心”──。この2つが、auが考える“親子で使う携帯”の2大ポイントだ。
2007年01月10日 21時38分 更新
Photo au商品企画本部プロダクト企画部の水野有紀課長補佐

 auが2007年最初に提案したのは、“親子で使う携帯”とそれをサポートする新サービスだ。KDDIは1月10日、子供向け携帯2モデルと大人向けのシンプルケータイ1モデル、位置情報サービスを使った、新たな安心サービスを発表した。

 商品とサービスの説明に立ったau商品企画本部プロダクト企画部の水野有紀課長補佐は、この1年、各社からさまざまな特徴を備えた子供向けケータイがリリースされたと振り返る。そんな中、auが子供向け携帯を開発するにあたって重要視したのは“つながる安心”と“つながらない安心”だという。

 “つながる安心”は、親が子供のそばにいられない時にも子供と話せて安心でき、居場所を確認できる仕組みを用意すること。“つながらない安心”は、分別がつくまで子供を外の世界(インターネット)とつながらないようにする各種機能やサービスを用意することだ。水野氏は、2007年春モデルの子供向け端末とサービスは、この2つの安心を考慮したものだと説明する。

sa_k01.jpgsa_k02.jpgPhoto 左から小学校3〜4年までの子供がメインターゲットのジュニアケータイ「A5525SA」、小学校5〜6年から中学生くらいまでの女の子がメインターゲットの「Sweets cute」、年代を問わず簡単操作で使える「A5523T」

Photo 親が子供の携帯利用で心配な点のトップは「有害サイトへのアクセス」と「多額の電話代」がともに83%でトップ。次いで「ゲームのやりすぎ」57%、「犯罪に巻き込まれる」54%と続く。A5525SAとSweets cuteは、(1)家族のみと電話やメールやりとりできるようにする(2)電話番号やアドレスの入ったメールを受信できないようにする(3)アプリを利用できないようにする(4)一般サイトにアクセスできないようにする(2006年4月の記事参照)(5)一定の料金に達したら携帯を利用できないようにする(2006年11月の記事参照)──といった設定を可能にする機能(ジュニアモード、ティーンズモード)やサービス(料金安心サービス、EZアクセスサービス)を利用できる

“つながる安心”をサポートする新機能

 春モデルで特に強化されたのが、“つながる安心”をサポートする各種機能。これまでのau携帯にも子供の居場所を確認する機能や、防犯ブザーと連動した位置情報送信機能、簡単操作で子供と携帯を通じてコミュニケーションできる機能が備わっていたが、それをさらに強化した格好だ。

 新たな機能としてA5525SAとSweets cuteに搭載されたのが、「移動経路通知機能」。端末の防犯ブザーが起動した場合や電源オフになった際、自動的にカメラが起動して現場の写真を撮影するとともに、1分間隔で最長2時間まで位置情報を測位し、移動経路をサーバに送る機能だ。撮影した写真と位置情報を確認するためのURLは、ペア登録した相手にEメールで自動送信される。この機能は親の携帯からCメールを送信して起動することもでき、子供の端末に異常がないときでも経路を確認可能だ。

sa_k05.jpgPhoto 移動経路をPC(左)、携帯(右)で確認したところ。2時間フルで1分間隔の測位を行った際にかかるコストは、パケ割に入っていない場合で250円くらいだという(写真とURLを送信する際のパケット料約20円を含む)

 すでに提供中の「安心ナビ」も新端末のA5525SA、Sweets cute、A5525SAから3点の機能改善が図られた。1つは、子供の居場所を確認する「いつでも位置確認」の利便性向上だ。あらかじめ設定した時間帯に定期的に自動で位置確認を行う「自動確認」が追加され、位置確認を容易に行えるようになった。

sa_k07.jpgsa_k08.jpgPhoto あらかじめ、子供の位置を確認したい時間帯や曜日、測位の間隔を設定しておけば、その日時になると自動で子供に持たせた端末の位置を測位する。親はアプリにアクセスするだけで居場所を確認できる

 2つめは、「安心ナビ エリア通知」「安心ナビ 位置確認」アプリの統合。1つのアプリからそれぞれの機能にアクセスできるため、操作手順が簡略化された。また「いつでも位置確認」で検索できる登録相手が3件から5件に拡張され、「子供が5人でも大丈夫」(広報)になった。さらに「いつでも位置確認」は4月上旬からPCからの検索にも対応し、携帯を利用できない職場にいる親でもPC経由で子供の居場所を確認できるようになる。

 最も携帯電話が売れると言われる春商戦が間近に迫る中、GPS機能で“安心して使える親子の携帯コミュニケーション”を強化したau。他キャリアにさきがけて搭載したGPSを生かす、同社らしい機能強化で、春商戦への第一歩を踏み出した。

[後藤祥子,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.