誠

プリンタ用表示
ニュース

CEATEC JAPAN 2006:

世界最薄、0.99ミリの携帯用ディスプレイを展示――東芝

半導体ゾーンの東芝ブースでは、東芝松下ディスプレイテクノロジーが開発した世界最薄の携帯用低温ポリシリコンTFT液晶を展示中だ。厚さはなんと0.99ミリ。
2006年10月06日 18時02分 更新
photo 世界最薄携帯用ディスプレイ

 東芝松下ディスプレイテクノロジーが10月4日に発表した世界最薄携帯用ディスプレイ(10月4日の記事参照)が、CEATEC JAPAN 2006半導体ゾーンの東芝ブースに展示されている。

 世界最薄となる厚さ0.99ミリの携帯電話用低温ポリシリコンTFT液晶で、サイズは2インチ。解像度は240×320ピクセル(QVGA)だ。輝度が300カンデラと高く、動きのある動画再生やテレビ映像などの表示に適すという。

 同社の低温ポリシリコン技術をさらに発展させ、新規開発されたガラス基板と薄型バックライトを用いている。会場の説明員によると、2007年4月からサンプル出荷を開始するが、搭載する携帯電話が登場する時期は不明だという。2インチでQVGA、薄型軽量ということで、コンパクトでスリムな端末に採用されるものと思われる。

photophoto 2インチの低温ポリシリコンTFT液晶で、解像度は240×320ピクセル(QVGA)、輝度は300カンデラ。デジタルノギスで厚さ0.99ミリを実測中

 また昨年に続き(2005年9月20日の記事参照)、システムオングラス技術を使ったタッチパネルを出展していた。回路をガラス基板上に形成することで、光センサーと信号処理機能をディスプレイ上に搭載、指先やペン先の光を感知する。

 従来のタッチパネルのように、感圧スクリーンや静電スクリーンなどを別パーツとして画面上に取り付ける必要がなく、輝度やコントラストの低減がなくなるという。また、部品点数を減らすことができ、薄く軽く小さく作ることができる。

photophotophoto 現在使われているタッチパネル(左)。液晶と感圧スクリーンの2部構成になっている。携帯電話への搭載が見込まれる指入力タイプ(中央)と、PDAなどに向くペン入力タイプ(左)

[平賀洋一,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.