誠

プリンタ用表示
ニュース

Suica、ICOCA、TOICAに続け──JR九州、ICカード乗車券を導入

JR東日本のSuica、JR西日本のICOCA、JR東海のTOICAに続き、JR九州がICカード乗車券を導入。導入エリアは福岡・北九州エリアの111駅で、サービスを開始は2009年の春以降を予定している。
2006年09月27日 21時01分 更新

 JR九州は9月26日、福岡・北九州エリアの111駅にICカード乗車券を導入すると発表した。2009年の春以降にサービスを開始する予定で、サービス名称はまだ決まっていない。

 プリペイド方式の非接触ICカードを利用した乗車券を導入するもので、定期券の機能も提供。非接触ICカードタイプの乗車券は、JR東日本が「Suica」、JR西日本が「ICOCA」、JR東海が「TOICA」を導入し、JR北海道も2009年の対応を予定している。JR九州は5社目の対応となる。

Photo JR九州のICカード乗車券導入エリア

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.