誠

プリンタ用表示
ニュース

1台で6種の電子マネーとモバイルクレジットに対応──NECが汎用リーダー/ライターを開発

NECが、1台でEdy、Suica、iD、QUICPay、Smartplus、Visa Touchの電子決済に対応する汎用リーダー/ライターシステムを開発。あとから決済システムを追加することも可能だ。
2006年09月27日 14時16分 更新
sa_ecrr.jpg

 NECは9月27日、1台で複数の電子マネーやモバイルクレジット決済に対応する汎用リーダー/ライターを開発すると発表した。当初はEdy、Suica、iD、QUICPay、Smartplus、Visa Touchに対応し、他の決済サービスや電子マーケティング事業者とも順次対応について検討を進めるとしている。

 リーダー/ライターには、あとからオンライン経由でさまざまな電子決済アプリケーションを追加することも可能。導入する企業は各決済サービスの普及率や利用動向にあわせて決済サービスを追加することができる。

 NECは2006年末をめどに、汎用リーダー/ライターの開発を完了する予定で、すでにサークルKサンクスとローソンへの導入が決まっている。同社では今後、コンビニエンスストアやファストフード、ファミリーレストランなどへの導入を推進したい考えだ。

 現状、電子マネーやモバイルクレジットサービス向けのリーダー/ライターは、それぞれのサービス専用のものが必要となる。企業が複数の決済サービスを導入する場合にコスト面や設備面で負担がかかっていたことから、1台で複数の電子決済サービスに対応するリーダー/ライターの登場が待たれていた。

[後藤祥子,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.