誠

プリンタ用表示
ニュース

よく見る携帯サイトは「天気予報」と「着信メロディ」――インフォプラント調べ

8割近くが毎日携帯サイトを閲覧しており、中でも男性は「天気予報」サイト、女性は「着信メロディ」サイトを最も利用する。という調査結果が発表された。
2006年09月12日 21時03分 更新
photo 普段見る携帯サイトについての回答結果

 インフォプラントは9月12日、携帯サイトの利用に関する調査結果を発表した。調査は8月22日から同29日まで、iモード公式サイト「とくするメニュー」で実施したもので、有効回答数は4472人。

 携帯サイトをどのくらいの頻度で閲覧するかという質問に対しては、78.4%が「ほぼ毎日」と回答。以下は8.4%の「週に2〜3日」、7.7%の「週に4〜5日」と続いた。「ほぼ毎日」閲覧するユーザーは、男性では80.4%、女性では77.2%と、男性が女性をやや上回っている。また、年代別では、男女ともに19歳以下が他の年代に比べて最も多く、特に男性19歳以下では9割を超えていた。

 普段閲覧している携帯サイトのジャンルは、「天気予報」が41.7%と最多で、2位以下は「検索サイト」が41.2%、「着信メロディ」が38.8%、「ゲーム」が36.3%、「一般ニュース」が35.8%、「テレビ/ラジオ関連情報」が34.7%と並んだ。男性で最も多かったのは43.7%の「天気予報」で、女性では「着信メロディ」が42.1%と最も多かった。

 また、「一般ニュース」「スポーツ情報」「銀行振込み/株式関連情報」は女性よりも男性による閲覧が多く、「芸能情報」「占い」「着信メロディ」「i着うた」「デコメール」「ファッション/コスメ情報」「オンラインショッピング」は女性の方が多かった。また、男女を問わず19歳以下のユーザーが「着信メロディ」「i着うた」「待受画面」「電子掲示板/ブログ」関連のサイトを閲覧する割合が、他の年代と比較して高かった。

 普段閲覧している携帯サイトの情報入手経路については、「携帯インターネット」が64.7%と最も多い。また、「携帯電話のメール」から入手するユーザーが57.6%、「本・雑誌」から入手するユーザーが33.3%となった。男性に比べ、女性の方がメールから情報を得る率がやや多くなった。また、男性と20歳代以下の女性では「携帯インターネット」が多く、30歳代以上の女性は「携帯電話のメール」が最も多かった。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.