誠

プリンタ用表示
ニュース

“穴”を埋めてMNPに臨む――auの新サービス8種 (2/7)

2006年08月29日 23時01分 更新

待受画面にニュースや天気を配信――EZニュースフラッシュ

photo 時計の左にあるのがデータ受信中のアイコン。1時間に1回新しいニュースを受信する

 EZニュースフラッシュは、「BCMCS」を利用して、最新のニュースや天気を配信するサービスだ。対応機種は、W43H、W43CA、DRAPE、W47Tで、情報料は無料。

 ドコモのiチャネル(2005年8月3日の記事参照)とよく似たサービスだが、1時間おきにニュース情報が配信される点、利用料が無料な点などが異なる。

 自動更新される内容は、ニュース、天気、占いがセットになったもので、ニュースは1時間おき、天気は3時間おき、占いは1日1回の更新頻度。このほか、au My Pageの更新通知や災害伝言板起動のお知らせなどの情報も適宜配信される。配信はKDDIが行う。

 EZニュースフラッシュの自動受信にはパケット通信料はかからないが、圏外になっていたり、電源を切っていたなどの理由でユーザーが手動で更新する場合には、別途パケット通信料が必要になる。

ay_au04.jpg 待受画面の上部にはニュースがテロップ表示され、画面下部にお天気アイコンが表示される(写真左)。ニューステロップをクリックすると、記事の一覧が表示される。お天気アイコンの右に写っているのは占いアイコン(写真中左)。記事をクリックすると本文が読める。EZニュースフラッシュで見られるニュースはここまで。「主要ニュースをもっと見る」をクリックすると、関連サイトへジャンプする(写真中右)。天気の詳細ページ。天気情報は、自分が必要なエリアを登録できる(写真右)

 また、EZニュースフラッシュの情報の中で天気情報に特化し、受信した天気情報に合わせて変化するFlashコンテンツの待受画面も、コンテンツプロバイダから提供される予定だ。

寝ている間に番組が降ってくる――EZチャンネルプラス

 EZチャンネルプラスは、BCMCSを利用して映像コンテンツを配信するサービスで、現在CDMA 1X WIN向けに提供している「EZチャンネル」(2003年12月16日の記事参照)の改良版という位置付けになる。9月から提供を開始し、対応機種はW43H、W43CA、DRAPE、W47Tとなる。

photo

 番組は深夜から早朝にかけて配信される。動画フォーマットはH.264で、1番組あたりの容量は5Mバイト、長さ10分程度が最大だという。端末の内蔵メモリに保存され、新しい番組が配信されると上書きされていく仕組み。

 サービス開始時点で配信されるのは、総合音楽番組の「LISMO Channel」、情報バラエティ番組「EZ TODAY'sウォッチプラス」、邦楽・洋楽両方を扱うランキング番組「着うた♪ランキングプラス」、auの各種サービスと連携するお笑い番組「吉本興業プラス」の4番組。なお、登録可能な番組数に制限はなく、いくつ登録しても利用料は変わらない。通信料は月額315円だが、12月まではサービス開始記念キャンペーンのため無料で配信される。

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.