誠

プリンタ用表示
連載

神尾寿の時事日想:

日本市場の“キーボード型スマートフォン”は夜明け前

ビジネス向けのフルキーボード搭載携帯電話/PHSがにわかに活気を増している。海外の動きに取り残されないよう、日本にもこの市場が立ち上がることが必要だと筆者は以前より考えているが、まだまだ“足りない”点もある。
2006年06月12日 08時13分 更新

 フルキーボード型端末の市場が、にわかに活気を帯びてきた。6日にウィルコムが新バージョンの「W-ZERO3」(6月6日の記事参照)、7日にノキア・ジャパンがビジネス向けスマートフォンを発表(6月7日の記事参照)。そのフラッグシップとして「E61」を公開した。8日には、NTTドコモが今秋を目処に「BlackBerry」を投入するとアナウンスした(6月8日の記事参照)

 筆者は以前から、日本でもスマートフォン分野、特にフルキーボード型スマートフォンの市場を作っておく必要があると考えている(2005年11月15日の記事参照)。これは北米を軸とする海外において、この分野が「第2のPC」に似た様相を見せ始めていたからだ。日本のメーカーが、海外市場の動きから取り残されないためにも、フルキーボード型スマートフォンが日本市場に投入されることは必要だ。

 しかし、その一方で、日本市場におけるフルキーボード型スマートフォンは、販売面でしばらく苦戦するだろう。日本では、ITに強い一部の大企業を除けば、企業単位でのモバイルデータサービスの活用が始まっていないからだ。むろん、流通系の専用データ端末市場などはあるが、北米のようにホワイトカラー全体にスマートフォンが広がるような状況にないのが現状だ。特にノキア「Eシリーズ」や「BlackBerry」は、企業の情報戦略としての導入が前提になるため、日本企業がその意義と効果を正しく理解できるかが鍵になる。

 IT関連企業を除けば、日本のビジネスシーンでは携帯“電話”以外の使い方があまり開発されてこなかった。メールはむしろ仕事中のプライベート利用や、同僚同士の簡単な連絡といった使い方で留まっているのが現実だ。

日本市場の中途半端さが見られるW-ZERO3

 一方で、国産のフルキーボード型スマートフォンである「W-ZERO3」は、やや中途半端な位置付けにあると言える。

 ウィルコムとシャープでは、W-ZERO3のメインターゲットを“ビジネス市場”に設定している。しかし、ノキアの「Eシリーズ」や「BlackBerry」のように、企業のサーバー連携を必須にするのではなく、PC連携機能によってコンシューマーやビジネスコンシューマー(企業内の個人契約者)でも導入・利用できる。本命はビジネス市場だが、そこにフルキーボード型スマートフォンの市場がほとんど存在しないため、一部のリテラシーの高いコンシューマー層のイノベーターまでターゲットを広げた。だから、商品企画とできあがった製品が、中途半端な印象になってしまうのだ。

 また、「ビジネス向けスマートフォン」として見ると、W-ZERO3には足りない要素もいくつかあると思う。

 例えば、サイズとデザインである。ビジネスパーソンをターゲットにするならば、ギリギリでもスーツのポケットに収まる大きさ・重さにする必要がある。W-ZERO3には、ビジネススーツに対する“こだわり”が感じられない。

 Bluetooth機能が非搭載なのも残念なポイントだ。ビジネス向けで、マルチタスクのスマートフォンならば、「電話をしながらスケジュールやアドレス帳、オフィス文書を確認する」といった使い方が想定される。このような利用シーンでは、Bluetoothヘッドセットなどハンズフリー通話機能が便利だ。

 実際、ノキア製のスマートフォンは、EシリーズなどES (Enterprise Solutions)部門が開発担当する端末では、ほぼすべてがBluetoothを搭載。特にフルキーボード型モデルではBluetoothは“必須機能”といっていい状況だ。

 W-ZERO3のように多機能なフルキーボード型スマートフォンならば、Bluetooth機能を搭載し、純正のBluetoothヘッドセットを標準添付にしてもいいくらいである。

日本市場の“フルキーボード型スマートフォン”は夜明け前

 日本におけるフルキーボード型スマートフォンの市場は、まだ“夜明け前”の状況である。特にビジネス市場は、非IT系企業のホワイトカラーに色濃く残る「電話中心」のビジネス慣習やマインドから変えていかなければならない。これは時間のかかる取り組みだ。

 しかし、海外市場を見渡せば、2006年の段階でスマートフォン市場は全体の10%程度であるが、2009年には20〜30%にまで広がる見込みだ。グローバル市場の母数の大きさと、新興市場におけるエントリーモデルの爆発的増加を鑑みれば、スマートフォン市場の成長率は著しく高い。低コスト戦略で弱い日本メーカーが海外に進出するには、ビジネス向けスマートフォン市場は避けて通れない分野の1つである。

 海外製スマートフォンの参入、そしてW-ZERO3など国産スマートフォンの登場など、日本のスマートフォン市場にもようやく変化の兆しは見え始めた。だが、日本メーカーが海外市場で戦う力をつけるには、「日本のスマートフォン市場」、特にビジネス市場の創出が必要だ。メーカーの努力はもちろん、携帯電話キャリアの積極的な市場開拓とメーカーの後押しに期待したい。

[神尾寿,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.