誠

プリンタ用表示
速報

東名、中央道などのSAでEdy導入、ポイントシステムも

東名・名神、中央道などを擁する中日本高速道路が、2006年度中にEdyを導入することでビットワレットと基本合意した。Edy機能を搭載した会員カードを発行、ポイントシステムを提供する。
2006年05月18日 23時42分 更新

 ビットワレットは5月18日、中日本高速道路との提携について基本合意したと発表した。中日本高速道路が運営するサービスエリアで電子マネー「Edy」決済を導入するほか、同社が発行を予定している会員カードへEdy機能を搭載するという。

 中日本高速道路は、東名・名神、中央道などの重交通路線を擁し、162カ所のサービスエリアを管理・運営している。同社では2006年度中に、新しく会員カードを発行予定で、そのカードにEdy機能が搭載される見込みだ。Edy連携のポイントサービス・特典の提供も検討しているという。

 また、サービスエリア内の店舗でEdy決済を導入するほか、Edy対応の自動販売機・自動食券機を設置し、高速道路内のキャッシュレス化促進と、利便性の向上を目指す。

 高速道路内のSA・PAにおける非接触IC決済の導入例としては、西日本高速道路が4月1日より、Edy、QUICPay、iD、スマートプラスの4種の決済方式を導入する実証実験を行っている(4月4日の記事参照)。中日本高速道路ではEdy以外の決済方式の導入について「他の方式についても可能性はあるが、今の時点ではお答えできない」としている。

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.