PR
Special

Windows Mobile ビジネス活用講座――第1回:

ビジネス端末としてのWindows Mobile デバイスの魅力 (1/4)

ケータイとしては画期的に処理性能が高く、ノートPCよりも小さく軽い――ウィルコムの「W-ZERO3」には、最新のWindows Mobile を搭載したからこそ可能になった“便利”が詰まっている。W-ZERO3に代表されるWindows Mobile デバイスで何ができるのか、詳しく見ていこう。
2006年05月17日 00時00分 更新

 2005年に日本で発売された、すべてのケータイ・PDAの中でも、最も話題を集めた機種の1つといえるのが、ウィルコムのシャープ製端末「W-ZERO3」だ。話題を集めた要因はいくつかあるが、そのうちの1つに「日本初のWindows Mobile 5.0デバイスだった」ということが挙げられる。

“Windows Mobile +W-SIM”が生み出すW-ZERO3の利便性

 Windows Mobile とは、組み込み用OSであるWindows CEをベースに、さまざまなアプリケーションを組み合わせた、ケータイやPDA向けの統合プラットフォームだ。これまでは「Pocket PC」と呼ばれPDAに採用されることが多かったが、ケータイに搭載されたことで、その可能性は大きく広がりつつある。従来のケータイやノートPCでは難しかったことが、通信機能を持ったWindows Mobile デバイスを使うことで可能になるのだ。

 例えばW-ZERO3では、ウィルコムの通信モジュール「W-SIM」を使うことにより、音声通話・データ通信はもちろん、無線LANも利用できる。難しい設定なしですぐにインターネットにアクセスでき、Webブラウズやメールの送受信が行える。メールに添付されているWordやExcelのファイルを編集したり、PowerPointスライドショーを再生したり、といったことも簡単だ。PCでOutlookに入力したスケジュールやアドレス帳を、常に最新の状態で持ち歩くこともできる。

 また、スライド式のQWERTYキーボードが付いているので、ケータイのテンキーで長い文章を入力するのには抵抗があるというユーザーにも使いこなせる。Internet ExplorerやWindows Media PlayerといったPC用Windowsでおなじみのアプリケーションが付いているので、Windowsマシンを使える人であれば、違和感なく使いこなせるのも魅力だ。

ay_wm01.jpg 縦横どちらのスタイルでも使えるW-ZERO3は、日本で初めて市販されたWindows Mobile デバイスだ。色はブラックとシャンパンシルバーの2色

ビジネスシーンへの導入でさらに便利に

 このように個人でも便利に使えるWindows Mobile デバイスだが、企業で導入することにより、新たな価値が生まれる。1つは、さまざまなシステムとの連携が可能になることだ。特にExchange Serverとの相性は抜群で、会社のメールアドレスに届いたメールをそのままWindows Mobile デバイスで受信でき、Outlookに入力したスケジュールを随時確認するといったことができるようになる。

 2つ目は、各種のビジネス向けセキュリティソリューションを選択できるという点だ。例えばW-ZERO3であれば、McAfeeやNorton、Symantecといったアンチウイルスソフトに対応しており、内部データの暗号化、リモートでデータを消去したりするサービスもサードパーティからの提供が予定されている。

 3つ目に、業務用ソフトウェア開発の容易さがある。Windows向けソフトの開発経験があれば、 Visual Studioを使ってソフトを開発できる。ケータイでもJavaやBREWでアプリを作ることはできるが、PC用ソフトのプログラミングとは異なるスキルやノウハウが必要になる。

 ケータイよりも処理能力や画面の広さに優れ、ノートPCよりも持ち運びが楽で起動が速く、コストも圧倒的に安い。いつでもネットに接続でき、通話もできる――W-ZERO3に代表されるWindows Mobile デバイスは、ケータイとノートPCの間を埋めることができる存在だ。

 現在日本ではWindows Mobile を採用したケータイはW-ZERO31機種しかないが、今後他キャリアからも登場する予定で、2006年は本格的にWindows Mobile が日本に上陸する年になりそうだ(3月20日の記事参照)

 まず最初に、Windows Mobile で何ができるのか、以下で詳しく見ていこう。今までケータイではあまりOS自体に注目することは恐らくなかったと思うが、W-ZERO3などの端末の企業利用を考える上では非常に重要な要素になってくる。なおここからの説明は特に断りがない場合を除き、W-ZERO3だけについてではなく、Windows Mobile デバイス全般を指す点に注意していただきたい。

       1|2|3|4 次のページへ

[PR/ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:インテル株式会社、株式会社ウィルコム、マイクロソフト株式会社
※記載されている会社名および商品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。記載事項は2006年5月現在のものです。

企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年6月30日

インフォメーション


【W-ZERO3が当たる抽選会を実施】
「Windows Mobileビジネス活用講座」セミナー

日程 : 2006年6月9日(金)
時間 : 13:00〜17:30(受付開始:12:30〜)
会場 : 東京国際フォーラム「ホールB5」
主催 : ITmediaビジネスモバイル
特別協賛 : インテル株式会社、株式会社ウィルコム、マイクロソフト株式会社(50音順)
受講料 : 無料
セミナーは終了しました。多数ご参加いただきありがとうございました。

バックナンバー

icon Windows Mobile ビジネス活用講座――最終回:
「Exchange+Windows Mobile デバイス」でできること

Windows Mobile の大きな特徴の1つが、同じマイクロソフト製品であるExchange Serverとの相性のよさだ。ここではExchangeとWindows Mobile デバイスをつなぐ際に知っておきたいことをまとめる。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第4回:
W-ZERO3導入事例――ハイデルベルグ・ジャパンに訊く

総合印刷関連機器メーカーのハイデルベルグ・ジャパンでは、印刷機械の修理や保守に必要なデータのやりとりや、メールやグループウェアのモバイル端末としてW-ZERO3を活用している。連載第4回目となる今回は、実際にW-ZERO3を導入した事例について話を聞いていこう。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第3回:
ビジネスで使うW-ZERO3

発売当初、コンシューマユーザーを中心に人気を集めた「W-ZERO3」。しかし現在は、W-ZERO3をビジネスツールとして利用したいという企業の声が大きくなってきている。W-ZERO3の企業導入を、ウィルコムはどのように進め、支援しているのかを取材した。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第2回:
Windows Mobile プラットフォームとは何か

かつてのPDAに比べ、W-ZERO3がノートPCに近い使い勝手を実現しているのは、Pocket PCから徐々に機能追加されてきたWindows Mobile と、高性能なインテル PXA270 プロセッサーを搭載したおかげといえる。ここでは、Windows Mobile プラットフォームについて解説する。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第1回:
ビジネス端末としてのWindows Mobile デバイスの魅力

ケータイとしては画期的に処理性能が高く、ノートPCよりも小さく軽い――ウィルコムの「W-ZERO3」には、最新のWindows Mobile を搭載したからこそ可能になった“便利”が詰まっている。W-ZERO3に代表されるWindows Mobile デバイスで何ができるのか、詳しく見ていこう。


icon Windows Mobileビジネス活用講座――序章:
今、ビジネスシーンでモバイルの導入を勧める理由

本特集ではウィルコム「W-ZERO3」に代表される、Windows Mobileデバイスをビジネスにどのように活用していくかを連載形式で解説していく。連載を始める前に「そもそもなぜ今ビジネスでモバイルデバイスを導入すべきなのか」、その理由をお話ししよう。