誠

プリンタ用表示
連載

韓国携帯事情:

2代目チョコレートフォンや最新薄型端末が登場──EXPO COMM KOREA 2006 (1/2)

韓国ソウルで開催されたEXPO COMM KOREA 2006では、韓LGが「チョコレートフォン」の2代目を展示。韓Samsungも薄型端末やHSDPA端末を多数展示するなどにぎわいを見せた。
2006年05月16日 23時17分 更新

 5月10日から13日まで、ソウル市で国際情報通信および移動通信の展示会、「EXPO COMM KOREA 2006」が開催された。1996年から開かれている歴史ある展示会とあり、韓Samsungや韓LGといったおなじみのメンバーだけでなく、韓SK Telecomや韓KTなどの通信事業者も出展し、自社の技術を披露した。

韓LGから2代目「チョコレートフォン」が登場

 一時は1日最高4000台以上という販売数を誇ったヒット商品「チョコレートフォン」(2005年11月30日の記事参照)。その熱も覚めやらぬうちに、LG電子は2代目チョコレートフォン「KV6000」をお披露目した。

 フラットなキーを採用し、オールブラックのボディに赤い文字が浮かび上がるデザインは初代チョコレートフォンのデザインを受け継いでいるが、キーやカメラ周辺は金もしくは銀で縁取られており、より高級感が増している。

 機能的には初代チョコレートフォンと大きな差はなく、MP3専用チップと512Mバイトのメモリを内蔵するなど、人気の音楽機能に重点を置いた。

PhotoPhotoPhoto 韓LGの高級・デザイン携帯「ブラックラベル」シリーズに属するチョコレートフォン。端末中間部分でひときわ光る、金もしくは銀の帯部分に「Black Label」の文字がある
PhotoPhoto スライドアップした際に見える画面裏面のカラーも金もしくは銀。ここにも「Black Label」の文字が記されている
PhotoPhoto サイドにはMP3ボタンがあり、ワンタッチで音楽再生機能が呼び出せる。付属の専用イヤフォンにも高級感がある

 HSDPAの商用サービス開始を目前に控え、対応携帯「KH1000」も発表されている。「デュオスライド」と呼ばれるKH1000は、縦/横の両方向に画面がスライドする。縦にスライドすると通話が、横にスライドするとマルチメディア機能が利用できる仕組みになっている。

 もちろんHSDPAの高速ネットワークを利用してテレビ電話も可能だ。マルチタスク対応で、テレビ電話中にSMSの受信やファイルダウンロードなどもできる。

PhotoPhoto 縦および横方向にスライドできるKH1000
Photo HSDPAネットワークを利用し、テレビ電話で話しているところ。テレビ画面を見ながら文字やキャラクターアイコンのやり取りも楽しめる。テレビ電話の映像は録画も可能だ

韓LG Telecomは新サービス「気分ゾーン」をデモ

 韓LG Telecomでは5月に入り、安価な通話サービス「気分ZONE」を開始した(5月。これは気分ZONEと呼ばれる特定の場所で同サービス対応の携帯電話を利用すれば、固定電話と同等もしくはそれより安く通話できるというサービス。気分ZONEとは、Bluetoothに対応した「気分ZONEお知らせ機」を中心とした半径30メートルの範囲内のことで、この「お知らせ機」はユーザーが自分で設置できる。また気分ゾーンの範囲はユーザーが30メートル以内で自由に指定できる。

 この気分ゾーンに対応した携帯電話が韓LGの「LF1200」だ。LF1200は大きさが48×98×15.95ミリというスリムな携帯で、Bluetoothの普及が見込まれる韓国市場に、新たなサービスとともに投入されることになる

PhotoPhoto 左の写真が韓LGのLF1200。MP3プレーヤーや、1.3メガピクセルカメラも搭載している。右はLF1200を用いて、Bluetoothで「気分ゾーン」サービスを利用しようとしているところ。接続は簡単に行える
PhotoPhoto このほかLG電子では40.5×89×19.6ミリという手のひらサイズの「SC300」なども展示した。MP3/ACC/aacPlusと、3種類の音楽ファイル再生が可能だ。本体が小さいため、T-Flashスロットはバッテリーの下にある
Photo 厚さが19ミリの、スリムな地上波DMB(モバイル用地上波デジタル放送)携帯「KB1500」。画質改善効果がある「Mobile XDエンジン」を搭載し、斜めから見ても高画質映像を楽しめる
       1|2 次のページへ

[佐々木朋美,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.