誠

プリンタ用表示
速報

ソフトバンク、通期で最終黒字に転換

ソフトバンクの2006年3月期連結決算は、売上高が1兆円を超え、営業益、経常益、最終益とも黒字転換を果たした。
2006年05月10日 15時32分 更新

 ソフトバンクが5月10日発表した2006年3月期連結決算は、経常利益が274億9200万円(前期は452億4800万円の損失)、純利益が575億5000万円(同598億7100万円の損失)と通期で黒字転換を果たした。

 売上高は1兆1086億6500万円(前期比32.5%増)、営業利益は622億9900万円(前期は253億5900万円の損失)。営業キャッシュフローも578億600万円のプラスに転換した。

 ブロードバンドインフラ事業で、ARPU向上や顧客獲得費用の削減などで営業損益が約744億円改善し、約207億円の営業黒字に転じた。

 今期業績見通しは「為替と株式市場の影響を大きく受けるため現時点では予想は困難」として公表していない。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.