誠

プリンタ用表示
ニュース

ヤマハ、VIRAGE LOGICと半導体IPのライセンス契約を締結

2006年05月08日 23時12分 更新

 Virage Logicは5月3日、ヤマハがスタンダードセル技術に関する長期ライセンス契約を拡大し、Virage Logicの組み込みメモリおよびスタンダードセルを含む、IPrimaプラットフォームのライセンス契約を締結したことを発表した。

 今回ヤマハは、マルチメディア電話向けの次世代音声チップ「AudioEngine」に、Virage Logicのエリア・スピード・パワー高集積メモリおよび超低消費電力メモリ、ASAP Logic超高集積スタンダードセルライブラリを採用した。

 Virage Logicのシリコン実証済みIPにより、ヤマハは、次世代バッテリ駆動型携帯電話向けアプリケーションに不可欠な、消費電力の大幅な削減が可能になるという。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.