誠

プリンタ用表示
ニュース

4月22日〜4月28日:

5分で分かる、今週のモバイル事情

ドコモのクレジットサービス「DCMX mini」がスタート、iD対応店舗で利用できる。2003年度の国内向け携帯出荷台数をシェア別に見ると、長年首位を守っていたNECが転落、シャープがシェアトップとなった。KDDIと三菱東京UFJ銀行は「モバイルネット銀行」を設立する。
2006年04月28日 21時39分 更新

ドコモのクレジットサービス「DCMX mini」スタート

 ドコモの提供するクレジットサービス、「DCMX mini」がスタートした(4月28日の記事参照)。申し込みや審査が簡単で、アプリ感覚で使えることが特徴。上位版の「DCMX」は5月下旬から受け付け開始予定となっている(4月5日の記事参照)

 DCMX/DCMX miniは、ドコモがイシュア(カード発行会社)となるクレジット決済サービスで、「三井住友カードiD」と同様に、iD対応店舗で利用できる。27日からは、コンビニでは初めて、ファミリーマートの100店がiDの取り扱いを開始した(4月27日の記事参照)

端末シェア、NECを抜きシャープがトップに

 4月24日、MM総研は2003年度の国内向け携帯出荷台数を発表した。国内携帯メーカーの端末シェア争いで、長年首位を守ってきたNECが3位に転落した(4月2日の記事参照)

 代わって首位に立ったのは、ボーダフォン、ドコモに端末を供給するシャープ。しかしシャープ以下、パナソニックモバイル、NEC、東芝は僅差。当分首位争いは続きそうだ。

KDDIと三菱東京UFJ銀行、「モバイルネット銀行」を設立

 4月26日、KDDIと三菱東京UFJ銀行は、モバイルネット銀行を共同で設立すると発表した(4月26日の記事参照)

 5月をめどに、新銀行の母体となる設立準備会社を立ち上げる予定。両社のインフラやノウハウを融合して「携帯電話の特長を最大限に活用した、これまでにない金融サービス」(KDDI)を提供するという。

 ここ1年、通信キャリアと大手銀行の提携が目立つ。NTTドコモは2005年4月に三井住友銀行と(2005年4月27日の記事参照)、2006年3月にはみずほ銀行と提携している(3月6日の記事参照)

ソフトバンク、ボーダフォン買収を完了し1.7GHz周波数を返納

 4月27日、ソフトバンクはボーダフォンの買収を完了した(4月2日の記事参照)。また、ソフトバンクの孫正義社長は、ボーダフォン社長兼CEOと、取締役会議長に就任した(4月2日の記事参照)

 またソフトバンクは、ボーダフォンを買収したことにより、免許を受けた時の条件だった新規参入事業者ではなくなったため、総務省から割り当てられた1.7GHz帯の周波数を返納すると発表した(4月28日の記事参照)

さて、来週は?

 29日からはゴールデンウィーク。ITmedia +Dモバイル/ITmediaビジネスモバイルでは、5月8日までは更新ペースは緩やかになる予定。なお、5月9日からは通常更新に戻る。

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.