誠

プリンタ用表示
速報

Intel Developer Forum:

次世代Centrino「Santa Rosa」の詳細が明らかに

次世代CentrinoにはデュアルコアモバイルCPU「Merom」や、NAND型フラッシュを使った高速起動技術「Robson」が含まれる。
2006年03月08日 09時38分 更新

 次世代Centrinoはコードネームで「Santa Rosa」と呼ばれ、フラッシュメモリを使った高速起動技術を搭載する。米Intel幹部が3月7日、Intel Developer Forum(IDF)の基調講演で明らかにした。

 同社コーポレートバイスプレジデントのショーン・マローニ氏によると、Santa Rosaは新しい「Core」アーキテクチャを採用したデュアルコアモバイルCPU「Merom」、改良版のグラフィックスチップセット「Crestline」、802.11n Wi-Fiアダプタ「Kedron」を含む。管理機能やセキュリティ機能も改良されるという。

 またSanta Rosaは、NAND型フラッシュメモリを使って起動を高速化する「Robson」技術を搭載する。Robsonは、HDDから起動する代わりにフラッシュメモリからデータを読み込むことでノートPCやアプリケーションの起動を高速化するというもの。

 Santa Rosaは2007年前半に登場し、Meromの最初のバージョンは現行のCentrino Duo向けに2006年年末商戦期に投入される見込み。

 マローニ氏は携帯機器向けの次世代アプリケーションプロセッサ「Monahas」(コードネーム)についても語った。Monahasは現在、メーカー向けにサンプル出荷されている。これは第3世代のXScale技術を基盤とし、Wireless Intel SpeedStepなどの省電力技術を備える。

 同氏はこのほかKedronおよび802.16e WiMAXの初の公開デモを行い、初のシングルチップマルチバンドWi-Fi/WiMAXチップ「Ofer」を披露した。Oferを搭載したノートPCは、Wi-FiとWiMAXネットワークに接続できる。さらに同氏は、Intelが今年後半にWiMAX PCMCIAカードを提供することも明らかにした。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.