誠

プリンタ用表示

ニュース
2006/01/31 20:41 更新


NEC、高速移動中の乗り物からインターネット接続する実証実験

走行中のバスの中からADSL並みのスピードでインターネット接続――東京都府中市と山梨県甲府市を結ぶ法人向け路線バスで、乗客が実際に体験できる実証実験を行う。

 NECは1月30日、NECコンピュータテクノ、京王自動車、山梨交通観光バスの協力を得て、高速移動中の乗り物からのブロードバンドインターネット接続を実現する「BBRideシステム」の高速バスでの実証実験を開始したことを発表した。

 「BBRideシステム」は、既存の携帯電話網や無線LANなど、複数の異なる無線回線を高効率に束ねる多重化技術、最大16個の通信インタフェースが搭載可能な車載型モバイルルータの開発などにより実現したシステム。

 乗り物内に設置されたモバイルルータと、地上のインターネット接続局に設置されたホームエージェントにより実現される。ADSLと同程度の帯域を持つ安定した回線を実現できるため、ノートPCなどに搭載されている無線LANさえあれば、家庭やオフィスと同様にインターネット接続が可能になる。

ay_nec01.jpg

 今回の実証実験は、2006年1月から3月までの3ヵ月間、東京都府中市と山梨県甲府市を結ぶ法人向け路線バスで、乗客に走行中のバス内からのインターネット接続を体験してもらうというもの。この実験を通じて、乗客の利便性と事業性を両立させるシステム運用課題の抽出、実サービスに向けた運用手順の確立を行うという。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.