誠

プリンタ用表示

速報
2005/12/22 08:26 更新


9〜11月期好調のPalm、スマートフォン攻勢を確約

Palmは9〜11月期業績を発表した。前年同期比で2割近い売上増で、2006年にはWindows Mobileベースを含むスマートフォン4機種を投入するという。

 PDAとスマートフォンのメーカーであるPalmの12月2日締め2006年度第2四半期(9〜11月期)決算は売上高で前年比18%増の4億4460万ドルとなった。同社はこれで8期連続で前年比2けた増となっている。

 非GAAPベース利益は2440万ドル(1株当たり47セント)となっている。前年同期は2720万ドル(1株当たり54セント)。

 Windows MobileベースのPalm Treo 700w発売を控えたPalmは、2006年中にさらにスマートフォン3機種を追加する予定だと同社社長兼CEOのエド・コリガン氏は述べている。

 「2006年度第2四半期中にキャリア7社を追加し、初めて中国でTreoスマートフォンの販売を始めた。Treoスマートフォンは2006年度前半で100万台以上を出荷している」とコリガン氏はスマートフォン分野における実績を示した。スマートフォンの販売は昨年の2倍近いペース。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.