誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/12/14 10:43 更新


「トルカ」を利用した店舗向けCRMの実証実験

コネクトテクノロジーズは2006年1月まで、関東のドコモショップで「トルカ」を利用した広告配信実験を行う。

 コネクトテクノロジーズは12月12日、兼松コミュニケーションズ、スカイメディアと共同で、NTTドコモの「トルカ」機能(11月7日の記事参照)を利用した店舗ソリューション「メディアコネクトステーション」に関し、CRMの検証実験を開始したことを発表した。

 「メディアコネクトステーション」は、トルカ対応携帯電話でタッチすることで、クーポンや広告などデジタルコンテンツを送受信できるリーダー/ライター。スタンドアロンでも、ネットワークにつないでも利用可能。端末単体でクーポンやチラシ情報など静的な情報を配信できる(スタンドアロンの場合)ほか、ネットワークにつなぎ、広告を管理するサーバと組み合わせば、複数の広告コンテンツを配信できるようになる。

 今回の実験では、兼松コミュニケーションズが運営する首都圏下のドコモショップ複数店舗に、「メディアコネクトステーション」を設置し、会員サービス「マイショップ」の会員に対し、特典サービスを提供する。実証実験の実施は12月10日から1カ月の予定。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.