誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/11/29 21:48 更新


NTT Com、生徒の安全・安心確保システム構築事業の実証実験

NTT Comは12月から大阪府の中学校で、ICタグを利用した実証実験を行う。学校内での生徒の行動把握や、安全確保が目的。

 NTTコミュニケーションズは11月28日、「大阪安全・安心まちづくり支援ICT活用協議会」に協力し、「IT(ICタグ)を活用した生徒の安全・安心確保システム構築事業」の実証実験に参加すると発表した。

 同実証実験は、地域・自治体・学校が一体となって、通学する生徒の安心・安全を確保するために、本年12月から2006年8月まで実施されるもの。ICタグをはじめとする情報通信技術の、防犯に対する活用効果が検証される。

 学校の安全対策としてフェンスに防犯カメラを設置し、不審者の侵入に備えるほか、防犯ブザー付きの無線アクティブ型ICタグを生徒に配布し、携帯させる。同タグを使用して、学校内での生徒の行動把握とアラームシステムの実証実験を行うのは、全国でも初の取り組みとなる。

 希望する保護者には、生徒の校門通過情報のメール配信を実施。また、校内での緊急事態発生時には、アンテナと連動して情報管理センターが保護者・学校など関係者に連絡を行うという。

 なお12月9日に、大阪府吹田市の古江台中学校で、実証実験の説明会とデモンストレーションが実施される予定だ。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.